いつでも誰からもモテる♡【TPPOの法則】でママコーデを極める!

ファッションにおける【TPPOの法則】とは、Time(時間)・Place(場所)・Preson(人)・Occasion(場合や目的)の略で、状況によってヘアメイクや装いで外見を変化させることです。

子どもとモールにお出かけ、ママ友と大人だけでランチ会、学校の参観日など、深く考えず、ただ自分が好きな装いをしていると、その場の雰囲気に馴染まず居心地の悪さを感じることに……。

自分がその場にふさわしい外見であることで、その時間を心から楽しむことができ、それが一緒にいる相手に伝わって好感度が上がる。

誰からもモテるのは、状況によってどんな装いをすれば良いのかがわかる女性です。今回は、2つのシーンにピッタリな【TPPO】別コーデをご紹介します♡

ママ友と大人だけのホテルランチ!上品&辛口な2度見される美人コーデ

大人だけで優雅にホテルでランチ。女性同士だと、お互いに着ている洋服や小物をさりげなくチェックしてしまいますよね。

ここ数年人気がある「大人可愛いコーデ」ですが、たっぷりのフリルや大きなリボンなど、度が過ぎる可愛いファッションは、幼稚な印象に見えてしまいます。

オススメは、形はシンプルながらも、素材がレースやシフォン素材などの洋服。透け感があることで体のラインが華奢に見え、なおかつ上品さも演出できます。

可愛い要素は、小物でさりげなく取り入れると、気分も上がりますね♪

洋服の可愛らしさを抑えた分、仕上げのメイクではチークやリップでピンクを取り入れて、キュートな印象を楽しみましょう。

注意したいのは、品のなさを感じるほどの大胆な肌の露出です。

特に女性同士だと、「男性に媚びている」「はしたない」などの印象を持たれやすくなってしまいます。

胸元を大きく開けるなら腕の露出を控えめに、胸元が詰まっている洋服の時は、手首・足首など細いパーツを出して、女性らしさを強調するのがスタイルアップのコツ。

辛口なハンサムスタイルを目指すなら、とろみや光沢のある素材のシンプルなパンツスタイルがオススメです。

そこに華やかさを取り入れるなら、足元はビジューのついたサンダルや、エナメル素材のポインテッドトゥパンプスを合わせて。

洋服がシンプルな分、アクセサリーで華やかさと女性らしさもプラスしましょう。

ラグジュアリーなホテルでのランチなど、レストランの雰囲気にふさわしい装いなら、ママ友からも注目され、レストランでも上客としてスタッフから素晴らしいサービスを受けられるはず。

装いのパワーは、それだけ絶大なのです♪

クラスのママにも好印象!清潔感と誠実さ、親しみやすさを感じる参観日コーデ

普段会う機会の少ない、同じクラスのママたちと会話をするのは、少し緊張しますよね。

そこで役立つのが、やはり【TPPOの法則】です。学校によって、ママたちがどんな装いをしているかは違ってきます。

デニムなどのカジュアルスタイルのママがほとんどの学校で、ブランドのバッグやヒールの靴などの綺麗めコーデにすると、近寄りにくい印象に。

カジュアルコーデで清潔感と誠実さを出すポイントは、①サイズ感②素材③色の3つ。詳しく解説していきますね。

①サイズ感

サイズ感で注意したいアイテムは、丈が長く、ゆるっとしすぎる、体のラインを隠すトップス。部屋着のような印象を、相手に与えてしまいます。

体のラインが綺麗に見える、程よい余裕のあるトップスを選びましょう。丈の長いものは、ベルトでウエストマークしたり、タックインすることでバランスが良くなりますよ。

②素材

シワになりにくい素材の洋服がオススメです。

シワ加工がされている洋服もありますが、他人から見ると、シワのあるものを着ている人は「清潔感に欠け、だらしない」印象に見えます。

デニムなどのカジュアルなスタイルのママが多ければ、デニムスタイルもOKですが、激しいダメージ加工があるものはだらしない印象に見えるので、学校などではNGです。

③色選び

色選びで避けたいのは、近寄りにくい印象の「黒」を多用することです。特に、トップスに黒を持ってくると、4yuuu!読者の年代のママは顔がくすんで見えがちに……。

トップスには、顔映りの良い明るめの色を使い、親しみやすさと明るさを感じるコーデに仕上げましょう。

キレイめコーデのママが多い場合、すでに清潔感と誠実な印象はありますが、気をつけたいのが親しみやすさです。

高級ブランドのバッグやピンヒールは、ホテルのディナーでは素敵に見えますが、参観日にはちょっとToo much。

周りのママよりもはるかに高級路線のコーデは、近寄りにくさを感じさせてしまいます。

参観日の主役は、あくまでも子どもたちです。

同じクラスのママたちと情報交換をしたり、気軽に話をしたり、コミュニケーションを楽しくするのも、相手に親近感を持ってもらえるコーデが後押ししてくれますよ♪
「いつだって自分が好きなものを身につけていたい」多くの女性はそう思っています。

しかし、お伝えしてきたファッションの【TPPO】を日常に取り入れることで、今まで以上に周りとの関係が良くなります。

相手のことを考えて装うことは、『相手を大切にする』おもてなしの一つ。周りとの関係が良くなると、人前に出ることがもっと楽しくなります。

自分自身が毎日を楽しく過ごすことで、気持ちに余裕ができ、家族にも優しくなれます。見た目が変わると気持ちが変わり、気持ちが変わると行動が変わります。

ぜひ【TPPO】を意識したオシャレを取り入れてみてくださいね♪

TPPO コーデ メイク モテコーデ ママメイク 印象 大人のオンナ ママコーデ お出かけコーデ 参観日コーデ

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

大久保 美帆/美Powerプロデューサー

大久保 美帆(おおくぼみほ)

【肩書き】
美Powerプロデューサー

>もっとみる