「電動歯ブラシと歯ブラシ、どっちがいいの?」歯科医が教えます!

美容

みなさん、歯ブラシはどんなものを使っていますか?

電動歯ブラシ派と普通の歯ブラシ派で分かれますが、一体、どちらが良いのでしょうか。電動歯ブラシは、普通の歯ブラシより優れているのでしょうか?詳しくご説明します。

「電動歯ブラシと歯ブラシ、どっちがいいの?」最近の電動歯ブラシ事情

少し前まで、電動歯ブラシは数万円する高価なもので、重くて大きなものが主流でした。しかし今では、驚くほど低価格のものやコンパクトなものなど、本当にたくさんの電動歯ブラシがあります。

数年前から小型軽量化が進み、メイクポーチに入れて持ち運びできるものが流行り、その後、また高価で高性能なものが増えてきています。

今の電動歯ブラシには、様々な賢い機能がついています。
時間が来ると止まったり、振動で時間の感覚を教えてくれるタイマーがついていたりは当たり前で、歯ブラシを歯に押しあてる適正な強さを教えてくれる磨き過ぎ防止機能、舌のケアや歯茎のマッサージ機能などを備えた電動歯ブラシが数多くあります。

替えブラシの形や種類も充実しています。センシティブモードやマッサージモードなど、揺れや強さを選べる多彩なモード設定も魅力です。プロ顔負けの機能や付属品も多く見られます。

では実際に、電動歯ブラシはきちんと汚れが取れるのでしょうか?

「電動歯ブラシと歯ブラシ、どっちがいいの?」電動歯ブラシは、ダイソンであってもルンバではない

確かに電動歯ブラシは、普通の歯ブラシに比べて、汚れを取ることができます。超音波や音波振動で細菌に立ち向かうのですから、歯垢除去率や細菌の付着を弱める効果など、手磨きでは敵わないパワーを持っています。

わかりやすく言うと、ほうきとチリトリで掃除するよりも、掃除機を使った方が効率が良いのと同じようなものです。しかし、ここで注意していただきたいことがあります。

電動歯ブラシは、ダイソンであってもルンバではありません。きちんと自分で手を動かして汚れのあるところに電動歯ブラシを持っていかないと、綺麗にはならないのです。

電動歯ブラシは「楽をしよう」「歯磨きをサボろう」という気持ちがある方には、向かないかもしれません。

「電動歯ブラシと歯ブラシ、どっちがいいの?」電動歯ブラシと歯ブラシの使い分けがオススメ

手磨きでうまく磨けない方は、結局、電動歯ブラシを使っても、上手に汚れを取ることはできないですし、電動歯ブラシを使うことで、磨いた気になって油断してしまう方も多いように思います。

私のオススメは、電動と普通の歯ブラシを日によって使い分けること。

普通の歯ブラシでは落としにくい汚れもありますが、手磨きでしか味わえない感覚もあります。手磨きが電動歯ブラシに敵わない部分もありますが、単純に電動歯ブラシが優れているとも言い切れないのです。

「電動歯ブラシと歯ブラシ、どっちがいいの?」電動歯ブラシの選び方

もしこれから電動歯ブラシを購入される予定なら、たくさんある機能から、ご自身に必要な機能を見極めて選んでくださいね。

そして、忘れてはいけないのが、替えブラシの値段です。電動歯ブラシも、普通の歯ブラシと同じようにひと月に1度はブラシを交換した方が良いので、あまり高い替えブラシですと、ついつい古いブラシのまま使ってしまいがちです。

充電のシステムも見逃せません。毎日の使いやすさを考えると、大変重要です。

最後にお掃除、お手入れのしやすさもポイントです。お口を綺麗にするはずの電動歯ブラシが汚れていては、どうしようもありませんよね。

派手なオプションに気を取られず、毎日使うものですので、基本的な部分を忘れずに選んでみてはいかがでしょうか。

「電動歯ブラシと歯ブラシ、どっちがいいの?」という疑問に、歯科医の立場からお答えしました。

私も、電動歯ブラシと普通の歯ブラシを使い分けています。みなさんも、最新の電動歯ブラシを、毎日のオーラルケアに上手に取り入れてみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。