かけるだけで美味しさUP♡おもてなし料理に最適なトリュフオイル

グルメ・レシピ

芳醇な香りがたまらない幸せを運んできてくれる“トリュフ”♡
普段はなかなか手が出ないトリュフも、オイルならば気軽に日々の食卓に取り入れることができます。
トリュフオイルを使って、ワンランク上のお料理でおもてなしをしませんか?

おもてなし料理にピッタリのトリュフオイル①トリュフオイルとは?

引用:www.cerfeuil.jp

トリュフオイルとは、オリーブオイルにトリュフを漬け込んだフレーバーオイルのこと。

三大珍味であるトリュフは高級なので、なかなか手に入れづらいですが、トリュフオイルならお手頃価格で購入することができます。

トリュフオイルは、トリュフの最大の特徴である香りを気軽に堪能することができるので、ちょっとプラスするだけで、いつものお料理をワンランクアップさせることができるんですよ♡

おもてなし料理にピッタリのトリュフオイル②黒トリュフと白トリュフの違い

引用:klmeurope.jp

トリュフには、大きく分けて黒トリュフと白トリュフの2種類があります。

黒トリュフは、主に加熱したフランス料理に使うことが多く、自然なトリュフの香りを感じることができます。比べて白トリュフは、生のままスライスして、イタリア料理にかけたりして使うことが多く、芳醇な強い香りがします。

オイルとして使う場合は、最後に香りを引き出すことが目的なので、白トリュフオイルの方がオススメです♪

おもてなし料理にピッタリのトリュフオイル③トリュフオイルの選び方

スーパーやネットなどで気軽に購入できるトリュフオイルですが、その中でも大きく分けて2種類の製法があります。

1つは、オリーブオイルに生のトリュフを漬け込んだもの。そしてもう1つは、香料だけをオイルに漬けたトリュフ風味のオイルです。

もちろん生のトリュフを漬けている方が、香りも風味も抜群に◎なので、よくチェックして選んでみてくださいね♪

おもてなし料理にピッタリのトリュフオイル④使い方☆

引用:www.cafeglobe.com

トリュフオイルのオススメの使い方をご紹介します。

トリュフは卵との相性が良いので、目玉焼きやオムレツ、半熟卵などの卵料理の仕上げに少量かけると、グッと美味しさがupします。

また、サラダやマリネなどの前菜料理やフルーツに使うことで、ランクアップしたお料理に仕上げることも♡

さらにパスタに使うなら、カルボナーラがオススメです。トリュフの香りがするだけで本格的な味に変化するので、ぜひ試してみてくださいね。

いかがでしたでしょうか?
トリュフオイルの魅力と使い方をご紹介しました♡
お料理の仕上げにさっとかけるだけで、ワンランク上の一皿に仕上がります。ぜひ特別な日の食卓に取り入れてみてくださいね♪