シミ・かゆみ・ニキビ…。妊婦さんに多い肌トラブルとケア方法3つ☆

子育て・ライフスタイル

妊娠すると、ホルモンの影響で、今まで肌トラブルと無縁だったという方もシミやニキビなどができやすくなります。
そこで今回は、妊婦さんに多いと言われる肌トラブルと、適切なケア方法をご紹介します。

妊娠中は、ホルモンの影響で肌トラブルが多発!

妊娠すると、女性ホルモンであるエストロゲン・プロエストロゲンが共に増えるので、ホルモンの影響で今までなかった様々なトラブルが多発します。

意外と知られていない肌トラブルとして、メラニン色素が増加するので、シミやそばかすが増加することがあります。乳首や脇の下などが黒ずんでしまうのも、このためです。

今回は妊婦さんに多くなる肌トラブルの対処法を3つ、ご紹介します。

妊婦さんに多い肌トラブルとケア方法①シミ

女性ホルモンが増加するとともに、メラニン色素も増加する妊娠期。

これは、メラノサイトという色素成分が、ホルモンの刺激を受けて分泌されることから起こります。このメラニン色素によって、今まで気にならなかったシミやそばかすが急に肌に現れて、驚かれる方も多いはず。

なので、妊娠をしている時期は、シミをこれ以上増やさないようにケアをしましょう。日光に当たるとシミは増えてしまうので、日焼け止め対策はしっかりと!

妊婦さんに多い肌トラブルとケア方法②ニキビ

女性ホルモンの増加に伴い、皮脂の分泌が過剰になりがちな妊娠期。

今までニキビとは無縁だった方も、急にニキビができたりして戸惑われることも多いでしょう。さらに厄介なことに、皮脂の分泌は過剰なのに肌が普段以上に乾燥しやすい、という特徴があります。

ケア方法としては、肌を清潔に保ちながら、しっかりとローション、美容液などで保湿をすることです。これは、忘れないようにしましょう。

また、普段使っているスキンケアが合わなくなってきたら、アルコールなどが入っていない低刺激のものに変えるといいですね。

妊婦さんに多い肌トラブルとケア方法③かゆみ

妊娠中に多い肌トラブルとして、肌のかゆみがあります。

これは「妊娠性皮膚掻痒症」と呼ばれ、妊娠中期から後期に多いと言われています。ホルモンの影響で、新陳代謝が活発化することが要因だと言われています。

対処方法としては、まず肌を掻きむしらないこと。掻いてしまうと、悪化してしまうからです。

妊娠性皮膚掻痒症を発症してしまったら、医師に相談して、妊娠中でも使えるクリームなどを処方してもらうようにしましょう。

シミ・かゆみ・ニキビなど、妊婦に多い肌トラブルとケア方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?
妊婦の方で肌トラブルにお悩みの場合は、参考にしてくださいね。