炊飯器で簡単に完成♪おもてなしメインは「ローストビーフ」に決定!

グルメ・レシピ

おもてなしのメイン定番といえばローストビーフ。テーブルにあるだけで豪華な食卓を演出できるローストビーフも、通常レシピでは手間がかかってしまいますね。
そんなローストビーフ、炊飯器を使って簡単に作ることが出来るとご存知でしたか?
失敗しらずの絶品ローストビーフレシピをご紹介します♪

ローストビーフはおもてなしにピッタリ♡

引用:r.gnavi.co.jp

記念日やホームパーティーにピッタリのローストビーフ。ビュッフェでも必ずといって良いほどの大人気メニューですよね。おもてなしの時にも、ローストビーフがあるとお客様からも必ず歓声があがります♪

ローストビーフは通常のレシピで作るととっても手間がかかるもの。焼き加減などが難しいので、失敗してしまうこともしばしばあるものです。

そんなローストビーフ、実は炊飯器で作ることが出来るんです。その作り方をご紹介いたします。

炊飯器で作れる♪ローストビーフのレシピ

それでは早速、炊飯器で作れるローストビーフのレシピをご紹介します。

牛のブロック肉(500g)の表面に塩とこしょうをすりこんで、ピタリとラップをかけます。冷蔵庫で30分寝かしたら、フライパンに油をひいて強火で焼き色をつけていきます。

表面に焼き色がついたら取り出してOK!ジップロックに入れて空気を抜き密閉したら、炊飯釜へ。

浸るくらいの水を入れてスイッチをいれ、炊きあがったら30分保温してください。

炊飯器にお任せ中に簡単に出来る♪おもてなしソースの作り方

ローストビーフのソースも、自宅で簡単に作ることができます。おもてなし料理としてローストビーフをお出しする時には、盛り付けもこだわりたいですよね。

フライパンでお肉を焼いたときに出る肉汁に醤油とみりん、料理酒を同量で加え、お砂糖を少し足して煮詰めるだけ。ここに大根おろしとポン酢を足せばあっさりと、大葉やスダチを加えればあっさりと和風のソースが出来上がります。

洋風に仕上げたいときには、タマネギを赤ワインで煮詰めたり、バルサミコ酢を加えればOK♡

時間がないときには粒マスタードだけでも相性◎ですよ。

余ったローストビーフの活用法!

余ったローストビーフ、そのまま頂くのに飽きてしまったら、少し手を加えるだけで次の日のランチやお弁当に活用できます。

ゴマや大葉、カイワレなどをトッピングしてローストビーフ丼にしたり、レタスやキュウリと一緒にパンに挟めば贅沢サンドイッチの出来上がり!

また、ローストビーフは酢飯との相性が良いので、チーズと一緒に巻いて寿司ロールにしたり、ちらし寿司のトッピングとして飾るのもオススメです♪

炊飯器で楽チンに作れるので、家族でお出かけする前日に作っておけば帰ってからの夕ご飯作りにも困りませんね。

いかがでしたでしょうか?
おもてなしの定番料理・ローストビーフを簡単に炊飯器で作る方法をご紹介しました。
とっても簡単なので、是非試してみてくださいね♪