陶器肌は今からケア♪今年は「飲む日焼け止め」でUVブロック♪

美容

春になり、晴れた暖かい日が増えると、どうしても気になるのが紫外線。
最近はジェルや化粧水タイプなど、肌に負担のかかりにくいものも増えていますが、刺激や使用感が気になる女子も多いもの。
ここではじわじわと話題の「飲む日焼け止め」をご紹介します。

美白派女子の定番は「資生堂・ピュアホワイト」

引用:www.shiseido.co.jp

日焼けはしたくないけど、毎回日焼け止めを塗ったり塗りなおしたりは面倒・・・
そんな方にぴったりなのが、資生堂から販売されている「ピュアホワイト」。

焼けはしたくない、でも手間をかけるのは面倒。
飲む日焼け止め、というよりは美白サプリ的なカテゴリーのものですが、「日焼け止めを塗り忘れても日焼けしなかった」「肌の透明感が増した」と、一本目から効果を実感している女子が多いのです。

飲む日焼け止めに興味はあるけど、いきなり海外製のものはちょっと・・・という方に向けて、まずおススメしたいアイテム。

資生堂ピュアホワイト

¥4,320

販売サイトをチェック

外出30分前の服用で徹底UVケア♪「ヘリオケア」

引用:www.onishiskinclinic.com

海外製の「飲む日焼け止め」の中でもポピュラーなのが、こちらのHeliocare(ヘリオケア)。
塗るだけでは防ぎきれなかった、紫外線による影響を防げるとあって人気です。

摂取してから30分以内には効きはじめ、効果は約4~6時間持続。
日本での入手方法は、ネット通販や美容皮膚科で処方してもらうかのどちらか。

価格は30錠で6000円程度。一日1カプセルと考えれば、一ヶ月弱使える計算。
徹底美白と考えれば、コスパ的にも悪くはないかも知れませんね。

ヘリオケア ウルトラdオーラル

¥6,290

販売サイトをチェック

オーガニックが売りの「ビリジアン」♪

引用:www.smooche.jp

イギリス発・天然成分の「飲む日焼け止め」、viridian(ビリジアン)。
強い抗酸化作用で、老化防止に効果的な「Natural beta carotene」の天然成分の飲む日焼け止めです。

100%植物由来の抗酸化食品素材・グリソディンや、自然界最高レベルの抗酸化作用を持つとも言われるアスタキサンチンなども配合。
また、カプセルも植物性セルロースを使うという徹底したナチュラル路線のアイテム。

副作用の心配もなく安心なのですが、小麦アレルギーの方のみ注意が必要。
毎食後の服用が必要です。

ビリジアン

¥7,128

販売サイトをチェック

iHerbで人気の「ライフエクステンション」♪

引用:jp.iherb.com

アメリカの通販サイト、iHerbで人気の「飲む日焼け止めサプリ」は、注目のUVケア成分「Fernblock (ファーンブロック)」を配合した「ライフエクステンション エンハンスト ファーンブロック ウィズ レッドオレンジコンプレックス」。

このFernblock (ファーンブロック) は強力な抗酸化作用があるとともに、紫外線により体内に発生した活性酸素などを抑制、光老化によるシミやしわなどを防ぐ働きがあります。
シダ植物の成分から抽出された天然成分で、とくに紫外線A波(UVA)に対してのブロック率が高いのだとか。

毎朝1カプセルの服用にあわせ、日光を浴びる30分前&日光を浴びた後に追加で1カプセルづつの服用が必要となります。
また、こちらは念のため、あわせて塗る日焼け止めの使用も推奨されています。

ライフエクステンション エンハンスト ファーンブロック ウィズ レッドオレンジコンプレックス

¥4,000

販売サイトをチェック

塗り忘れや塗りむら、汗で効果が薄れてしまった・・など、暑くなればなるほど失敗も増えてしまう「塗る日焼け止め」。
今年は内側からもしっかりケアしていけますように。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。