プレ花嫁・妊婦さん必見!サッシュリボンの作り方♪

ファッション

別の記事でご紹介させていただいた、
・ウェディングドレス用の『サッシュリボン』
・マタニティフォト用の『サッシュリボンベルト』
今回はそのサッシュリボンの作り方をご紹介させていただきたいと思います。
プレ花嫁さま♡妊娠さま♡必見ですヾ(◍'౪`◍)ノ゙

サッシュリボンを作るために用意するもの♡

サッシュリボンって?と思う方は、詳しくご紹介している記事がありますので、そちらもご覧くださいヾ(◍'౪`◍)ノ゙

それでは、早速ご紹介していきたいと思います♡
まずは用意するもの。

・お好みのリボン
太さやカラー、素材などお好みですが、サテンリボンが手に入りやすく作りやすいと思います。

・アートフラワー(造花)
お好みの大きさやカラーのもの。

・パールやビジュー
お好みなので、なくても可。

・グルーガン(接着剤)
グルーガンがない場合は接着剤でも可。

・厚紙

・アメピン2つ

サッシュリボンの作り方♡

①アートフラワー(造花)の茎部分をカットし、お花のみにする。

選んだものにより、茎部分が硬いものもありますので、ニッパーなどがあると、とても便利です♪100円均一で購入出来ますので1つ持っておくと便利です☆


②土台となる厚紙をお好みの大きさにカットする。
(リボンに対して、大きめのフラワーデザインにしたい場合に必要)

リボンの幅のみにお花を付けたい方はなくても可。
しかし厚紙があった方が安定感があるので綺麗な仕上がりになります。

厚紙はお菓子の箱をカットすれば使えますので、お家にある方はわざわざ用意しなくても大丈夫です(^^)


③カットした厚紙にグルーガン(接着剤)でアートフラワーを付けていく。
バランスをみて、はみ出してしまっている厚紙はカットしてください。

お花を斜めに付けたりすると、さらに立体感が出来ますヾ(◍'౪`◍)ノ゙

サッシュリボンの作り方2♡

④お花を付けた厚紙にアメピンをさす。
しっかり固定されるように、両サイドにさしてください。
足りない場合はアメピンの数を増やしてください。

アメピンを使わず、手縫いで縫い付けても大丈夫です(^^)
アメピンを使わず手縫いする場合は、リボンを一緒に縫ってください。


⑤さしたアメピンにリボンを通す。
完成したお花+厚紙のモチーフをお好みのリボンの位置にしてから配置してください。
ど真ん中よりも、左右どちらかにずらすと可愛いですよ♡

アメピンの下側からリボンを持ち上げる感じで配置すると、簡単です♪
アメピンを持ち上げながらリボンを配置しても良いと思います☆

手作りサッシュリボンの完成♡

出典:ja.aliexpress.com

以上で完成です。
思ってた以上に簡単ですよね?(*≧艸≦)

お花にパールやビジューなどを付けたい方は、完成してから付けることをオススメします!
完成してからの方が全体のバランスが分かるので綺麗な仕上がりになりますので♪

また、シンプルなものがお好みの場合は、お好みのリボンを2種類用意し、2種類のリボンをお腹に巻いて、前でリボン結びするだけでも可愛いです♪

こちらはリボンを用意するだけなので手間がかかりません♡

今回ご紹介させて頂いた作り方は、簡単な作り方ですので、特に妊婦さんはアメピンにご注意を>_グルーガンでアメピンの先端を補強をするか、手縫いをするかなどしてくださいね。

『サッシュリボンベルトの作り方』いかがでしたでしょうか?(^^)
意外と簡単に作れますので、ぜひ手作りをして、世界に一つだけのサッシュリボンベルトを作ってみてください。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。