あなたは青クマ?茶クマ? 色によって異なるクマの原因とケア方法

美容

クマにも種類があることをご存じですか?実は、青色か茶色かによって原因と対策方法が異なるんです。それぞれの色に適したケアをして、お疲れ顔からサヨナラしましょう。

tomi
tomi
2015.12.01

クマの色別ケア方法①あなたのクマの色、何色?

一般的に、睡眠不足により引き起こされると言われるクマ。でも実は、クマ自体の色によって原因が異なるため、適切なケアをしないとなかなか解消されません。

とくに、加齢とともにクマの色合いが変化してきたり、お手入れをしても一向に改善されなくなったら要注意。自分のクマは青色なのか茶色なのかをきちんと把握して、それぞれに合ったケアを心がけることが大切です。

次項より、青クマと茶クマの性質と対処法を詳しくご紹介します。

クマの色別ケア方法②青いクマの原因と対策は?

青色のクマは、寝不足やパソコンなどで目を酷使し、疲労がたまると現れます。人によっては、紫がかって見えることも。若い人に多く、短期間で改善する場合がほとんどです。

そんな青クマは、目もとの血行不良の証。対処法はずばり、良質な睡眠や適度な運動です。深夜に長時間のスマホを習慣にしている人は、行動パターンを変えてみてください。

クマの色別ケア方法③茶色いクマの原因と対策は?

茶色いクマの原因は加齢です。メイクやスキンケアでの摩擦、紫外線の刺激などを長年受けてきた結果、色素沈着により現れます。青クマと比較すると、解消には時間がかかるという特徴が。

そんな茶クマには、美白効果のあるスキンケア用品を使ったり、紫外線対策をきちんと心がけることが大切。しっかりめのアイメイクは摩擦の影響を受けやすいので、注意しましょう。

クマの色別ケア方法④冬は目もとの保湿がマスト!

湿度の低い冬は、暖房などの影響も重なり肌が乾燥しがち。皮膚の薄い目もとは十分な潤いを保持しにくく、クマにも影響することがあります。目もと専用のクリームなどを持ち歩いて、こまめにケアをしましょう。

とくに茶クマは乾燥で悪化しやすいので、とにかく保湿を念入りに。青色のクマは、ストレッチや目薬なども有効だといわれているので、お試しくださいね。

乾燥でクマが一層気になる季節。色によって異なる原因と対策方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?クマケアのご参考にしていただければ嬉しいです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。