毎月の辛い痛みとさようなら!生理痛を和らげるメディカルハーブ4選

グルメ・レシピ

生理痛が酷く、毎月気分が憂鬱になる……そんな女性も多いのではないでしょうか。できれば薬を使わずに、自然の力で痛みを和らげたいですよね。
そこで、生理痛を和らげてくれる、女性に嬉しいメディカルハーブをご紹介します。

生理痛を和らげるメディカルハーブ①サフラン

引用:ladies-medical.com

赤い雌しべの先端部分のみがメディカルハーブとして使われる、とても貴重なサフラン。

サフランライスなどで有名ですが、なんと、生理痛や生理不順、更年期障害、冷え性など、体内の巡りを良くして、改善してくれる効果があります。

シングルティーとして飲んでも良いですが、ブレンドティーにすると、鮮やかな赤が見た目も華やかなハーブです。注意点は、妊娠中、また授乳中の飲用は避けた方がいい点です。

生理痛を和らげるメディカルハーブ②サフラワー

引用:www.krauter-haus.com

サフランと少し名前が似ていますが、サフラワーとは『ベニバナ』のことです。
中国では昔から、血流を良くして体を温める作用がある、と言われています。また、その効能の高さから、養命酒や漢方にも使われているハーブです。

サフラワーティーは、ホルモンバランスを整えてくれるので、生理痛はもちろん、貧血や更年期障害にも良いと言われています。

ティーだけでなく、入浴剤代わりにバスに入れるのもオススメです。体がポカポカと温まりますよ。こちらも、妊娠中や授乳中は使用を避けましょう。

生理痛を和らげるメディカルハーブ③ラズベリーリーフ

引用:d.hatena.ne.jp

ラズベリーリーフと言えば、妊婦さんが飲むハーブティーとして有名ですが、実は生理痛や月経前症候群(PMS)を緩和してくれるお茶でもあるんです。生理の前から飲んで、予防しましょう。

子宮や骨盤の周囲の筋肉を調整する働きをもつハーブなので、産後に子宮を元に戻してくれる働きもありますよ。子宮を刺激する作用があるので、妊娠初期は注意が必要なハーブです。

生理痛を和らげるメディカルハーブ④チェストツリー

引用:www.geocities.jp

最後は『女性のためのハーブ』とも言われるチェストツリー。
チェストツリーは、女性ホルモンの分泌を調整してくれて、月経前症候群(PMS)の症状の治療薬としてドイツで認可されています。

ハーブティーにすると苦味が強いので、レモンや蜂蜜を加えたり、サフラワーやラズベリーリーフとブレンドすると、飲みやすくなります。妊娠中の使用はなるべく避け、また経口避妊薬(ピル)との併用は避けてください。

いかがでしたか?生理痛を和らげてくれるメディカルハーブをご紹介しました。妊娠・授乳中など、使用に注意が必要な時期もあります。
きちんと把握しながら、毎月生理痛に悩まされている方は、ぜひ上手に生活に取り入れてみてくださいね。