その目の疲れが眼精疲労になる前に!内と外から対策しましょ♪

美容

私たちが毎日使う「目」。
日常の目の疲れが溜まり、『疲れ目』から『眼精疲労』に発展する前に!内側からも外側からもケアしてあげましょう♡

目の疲れを「眼精疲労」にしない為の対策①目を休める、そして温める!

出典:idea-onlineshop.jp

毎日使う、スマートフォンやパソコン。思っている以上に、目に負担をかけているんです!

目を酷使する前に、こまめに目を休める必要があります。目を閉じるだけでも休息にはなりますが、目の周りを温めて血行を良くするのは、自宅で簡単にできちゃう対策♡

使い捨てのホットアイマスクもありますが、画像のようにレンジで温めて繰り返し使えるエコなアイピローもあります。もちろん蒸しタオルでも◎

目に充血がある場合は冷やす方が良いので、注意が必要です。

セラミックウォーマー リバティプリントアイピロー

¥2,700

販売サイトをチェック

目の疲れを「眼精疲労」にしない為の対策②目のストレッチで目力UP!

目のストレッチも簡単にできちゃう対策のひとつ。いつもスマホを見ている時間、そのスマホを置いて目のストレッチタイムにしましょう!

目を上下左右に動かすだけ、あらかじめ準備するものは何もありません。慣れてきたら、グルグルと目を回してみましょう。これは目をつぶったままでも出来るストレッチなので、眠る直前、電車の中で…など、いつでもできちゃいます♩

また遠くと近くを交互に見るストレッチも効果的です。ピント調節をする為の筋肉をほぐせるので、合わせて行いたいストレッチです。このストレッチを行うだけで、目がシャキッとして目力もUPするはずですよ♡

目の疲れを「眼精疲労」にしない為の対策③食生活で目に栄養を♡

目のケアとして、食生活も気をつけたいポイント。アントシニアンを多く含有するブルーベリーが目に良いというのは、有名な話ですよね!

他にもビタミンやミネラルも目に良いとされている栄養素です。

目に良いとされるビタミンを含む食材にはレバー、豚肉、うなぎ、サバ、チーズ、ほうれん草、ブロッコリーなどがあります。また、目に良いとされるミネラルを含む食材には乳製品、大豆製品、ナッツ類、バナナ、アボカドなどがあります。

目の疲れが気になったら、これらを意識的に摂るようにして対策したいですね。

目の疲れを「眼精疲労」にしない為の対策④内側からのケア&ストレスを減らす

目の疲れは私生活のストレスとも密接に関係していることを忘れてはいけません。目の疲れが続くことで頭痛や肩こり、吐き気などを引き起こし、睡眠不足や体調不良になることもあるんです。

目の疲れとして放っておくと眼精疲労に発展してしまいます。短時間のパソコン作業もつらくなってしまいます。またカラーコンタクトやアイメイクをしない、目の休日を作るという対策もいいですね♡

眼精疲労…なってしまうと辛いですよね。
不規則な生活を送ったり目を酷使していると、ストレスも絡み合い眼精疲労となってしまいます。
外側からのケアと内側からのケアで対策して、目の疲れを取り除いて、目の健康を取り戻しましょう♩

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。