薬剤師に聞いた!赤ちゃん・乳児にお薬を上手に飲ませる方法

子育て・ライフスタイル

風邪で薬を処方された時、乳児に薬を飲ませる方法をご存知ですか?
何でもいいから飲ませればOKではないんです。
実はこれをしてはNGなんて行為も……
今回は上手にお薬を飲ませる方法を伝授します!

乳児にお薬を上手に飲ませる方法① 上手な薬の飲ませ方

<粉薬をペースト状にして飲ませる場合>
小さな容器の中に1回分の粉薬を入れ、数滴の水かぬるま湯を加えて、ペースト状(はみがき粉程度の固さ)に練ります。
きれいに洗った指先に練った薬をつけ、お子様の口の中(上あごや頬の内側)に塗りつけます。
最後に、水をふくませて、薬が口の中に残らないようにしてください。

<粉薬を液体にして飲ませる場合>
スプーンや小さな容器に1回分の粉薬を入れ、できるだけ少ない量のお水やぬるま湯で薬を溶かし、口に流し込むもしくは哺乳瓶の乳首の部分やスポイトに移し換えて飲ませます。
お薬を飲ませ終わったらお水や湯冷ましを飲ませてください。

<シロップタイプの薬を飲ませる場合>
そのまま飲ませることが困難な場合は、スポイトもしくは哺乳瓶の乳首の部分やスポイトに移し換えて飲ませます。
粉薬と一緒に出ている場合は、1回分ずつシロップタイプと粉薬を混ぜて服用させても問題ありません。

乳児にお薬を上手に飲ませる方法② 注意しなければならないこと

・哺乳瓶の乳首を使う場合、穴を少し大きく開けたものを用意すると良いです。
通常の哺乳瓶の乳首ですと穴が狭く、薬が十分に出ないことがあります。

・ミルクに入れて飲ませようとしないでください。
ミルクに薬を混ぜると普段飲んでいるミルクと味が変わります。
味が変わることでミルク嫌いになり、普段のミルク自体も飲まなくなってしまう可能性があります。
また、薬によっては、ミルクと混ぜると、薬が効かなくなるものもあります。

・最後に飲ませる口直しはミルク、ジュースではなく、水かぬるま湯が基本です。

・水やぬるま湯に溶かす場合は、飲ませる直前に溶かしてください。

乳児にお薬を上手に飲ませる方法③ 薬を飲まない、飲んでも吐きだしてしまった場合

ミルクを飲んだ後は、満腹になって薬が飲めない、もしくは、ミルクと一緒に吐いてしまうことがあります。
その場合は、ミルクを飲む前など、薬をのむタイミングをずらすことも方法の一つです。

薬をもらう際に、医師もしくは薬剤師に飲むタイミングをずらして良い薬か確認しておきましょう!
「確認し忘れてしまった……」という場合は、薬をもらった薬局に電話で確認することも出来ます。

また、飲んですぐ、薬を全部吐いてしまった場合は、もう1回分飲ませて大丈夫です。
しかし、吐いた後すぐに飲ませると、再び吐き出してしまう可能性があるため、少し時間をおいてからにしましょう。

薬を飲んでから30分経過している場合は、飲む必要はありません。

乳児にお薬を上手に飲ませる方法④ 薬は全部飲みきらないとダメ?余ったお薬はまた別のときに使える?

「途中で良くなったから服用を中止したい」と思う方はいるでしょう。
これに関しては、飲みきらなくても良い薬はあります。
解熱鎮痛剤や咳止めなどの薬です。

しかし、抗生物質は処方された日数分飲みきる必要があります。
また、喘息などで毎日定期的に飲むことが必須とされている薬も症状が出なかったとしても飲む必要があります。
症状が良くなったら止めてよいかどうかは、医師・薬剤師に確認してからにしましょう!

また、余った薬は別の時には使えません!
処方薬は医師がその時のお子さんの症状に合わせて処方した物です。

同じような症状でも別の病気や合併症の場合もあります。
症状だけでなく、子供の場合は体重に合わせて薬の量を決めています。
大人とは違うので、安易な行動は避けましょう。

いかがでしたか?
お子様に薬をあげる際は、ママも神経質になってしまいますよね。
特に初めてのお薬や、慣れないお薬を飲ませるのは大変だと思います。
お子さんによって、シロップが飲みやすい、粉でも飲めるなど好みもあります。
お子さんが飲みやすい剤形が分かれば医師に伝えるのもおススメです!