食べてほっこり♡3つのぽっかぽか鍋レシピ&節約リメイクアイデア

グルメ・レシピ

季節が一気に冬へと移り変わった気がする今の時期。そんな寒い日の夜ご飯は、おうちで”あったかい鍋”が食べたくなりますね♪

今回は、上手に節約しながら食べてほっこり♡カラダもぽかぽか温まる鍋レシピを3つ、ご紹介します。また、残った鍋のリメイクアイデアも併せてご紹介します。

カラダの芯からポカポカ節約鍋レシピ【豆乳鍋】

カラダの芯からポッカポカになれる、豆乳鍋レシピをご紹介します。
入れる具材は、お好みの野菜でOKです。鶏肉はミンチ肉を使ってつくねにしても美味しいですよ。

【材料】(2人分)

・豆乳…2カップ
・水…1/2カップ 
・鶏がらスープの素…大さじ1
・みりん…大さじ1/2
・おろししょうが…小さじ1/2
・ねりごま…大さじ1
・みそ…大さじ1と1/2
・酒…大さじ2と1/2

<オススメの具材>
・鶏もも肉…1/2枚
・白菜…1/4個 
・長ネギ…1/2本
・しいたけ…3個
・豆腐…1/4丁 

1.鶏肉・白菜は一口大に切り、長ネギは斜めに薄く切る。しいたけは軸の部分は縦に裂き、しいたけには飾り切込みを入れる。豆腐は、4等分に切る。

2.鍋にAを入れてひと煮立ちさせ、1.の具材を鶏肉→豆腐→白菜・長ネギ・しいたけの順に入れて、具材に火を通す。

豆乳の優しい甘みとみそが合わさり、カラダの芯から温まる豆乳鍋。豆乳は、大豆イソフラボンや、カラダを作るたんぱく質も豊富に含まれています。

豆乳鍋のお汁も、しっかりと食べきりたいですね。〆に、ちゃんぽんめんを入れるのもオススメですよ♪

カラダの芯からポカポカ節約鍋レシピ【給料日前にもオススメ鶏鍋】

続いては、家の冷蔵庫に良く常備されていて、特売になっていることの多い食材ばかりを使った、鶏鍋のレシピをご紹介します。給料日前にもオススメですよ♡

【材料】(2人分)
・鶏もも肉…1/2枚
・水菜…1/2パック分
・厚揚げ…1/2枚
・しいたけ…3枚
・長ネギ…1/2本
・大根…1/4本

・水…2カップ
・酒…大さじ1

A 鶏がらスープの素…大さじ1と1/2
A しょうゆ…小さじ2

【作り方】
1.鶏肉・厚揚げは一口大に切る。水菜は3cm程度のざく切りに、長ネギは斜めに薄く切る。しいたけは軸をとり、軸は縦に裂き、しいたけには飾り切りを入れる。大根は薄く半月切りにする。

2.鍋に水・酒・大根を入れて熱し、鶏肉を加えて火を通す。

3.大根が柔らかくなってきたら長ネギ・しいたけ・厚揚げを加え、Aを加えて調味する。具材に火が通ったら、水菜を加えさっと火を通す。

野菜の旨みをしっかり感じることができる優しい味の鶏鍋です。忘年会シーズンのちょっと疲れた胃にも、安心ですね。〆にはうどんがオススメです♪

カラダの芯からポカポカ節約鍋レシピ【ピリ辛でおいしいキムチ鍋】

続いては、ピリ辛でおいしいキムチ鍋のレシピをご紹介します。
熱々で、食べ始めると体がポカポカと温まります♪ピリ辛な味わいがクセになるお鍋ですよ。長ネギは、白い部分と同様に青い部分も斜めに切って使いました。

【材料】(2人分)
・白菜キムチ…100~150g(お好みで辛さを調整)
・豚こま切れ肉…100g
・豆腐…1/2丁
・長ネギ…1/2本
・白菜…1/4個
・えのき…1/2袋

A みそ…大さじ1
A 鶏がらスープの素…大さじ1
A 酒…大さじ3
A おろしにんにく・おろししょうが…各小さじ1/2
A ごま油…小さじ2

・水…2カップ

【作り方】
1. 豆腐・白菜は食べやすい大きさに、長ネギは青い部分も含めて斜めに薄く切る。えのきは根元を落としてほぐし、長さを半分に切る。

2.鍋に水を入れ沸かし、Aの調味料を加える。

3.ひと煮立ちしたら、キムチ・豚肉・白菜(固いところから順に)加えて加熱し、豚肉に火が通ったら、長ネギ・えのき・豆腐を加えひと煮たちさせる。途中アクが出るようなら、アクをとっておく。

豚肉はこま切れ肉を使いました。こま切れ肉を使うことで、「肉を切る」という調理手順を1つ省略でき、時短にもつながりますね。もちろん、ばら肉などに代用OKです。

カラダの芯からポカポカ節約鍋レシピ【豆乳鍋→あったかシチューにリメイク】

最後は、豆乳鍋を温かいシチューにリメイクする簡単レシピをご紹介します。

【材料】(2人分)
・豆乳鍋の残った汁…1カップ程度
・水…1カップ
・市販のシチュールー…1/4箱分(ルーの量は様子を見て調整してください)

・豆乳鍋の残った具…適量
・玉ねぎ…1/4個
・オリーブオイル…小さじ2
・刻みパセリ…適量

【作り方】
1.玉ねぎは薄く切る。

2.鍋にオリーブオイルを熱し、しんなりするまで玉ねぎを炒め、豆乳鍋の残った汁・水を入れてひと煮立ちさせる。

3.市販のシチューのルーを溶かす。器に盛り、刻みパセリをちらす。

豆乳鍋の具があまり残っていない時は、ブロッコリーやじゃがいも、カブなどを追加するのもいいですね。

いかがでしたか?カラダの芯からポカポカになる節約鍋レシピとアレンジアイデアをご紹介しました。鍋料理は、冬にはもってこいの時短レシピですね!
お買い得な旬の食材をどんどん使って、上手に食費を節約できる上、鍋で体が温まる分、暖房費の節約効果も期待できます。美味しく食べて、自然と節約できてしまう鍋レシピ、ぜひお試しくださいね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。