タオルの使い回しが原因!?夏に注意したい感染症4つ

子育て・ライフスタイル

せっかくの夏休み。
予定を立てても病気に罹ってしまっては意味がないですよね。
今回は、夏に流行りやすい感染症についてご紹介します。

夏の感染症は「タオル」に注意!

出典:www.e-koyo.com

夏の感染症。
一度罹るとなかなか治らなくて厄介ですよね。
その感染ルートが何か、皆さんご存知でしょうか?

実は私たちの生活に最も欠かせない、「タオル」が原因なんです。

夏に罹りやすい感染症の、
・プール熱
・はやり目
・手足口病
は、どれもタオルの使い回しから感染することが分かっています。
夏はタオルの使い回しに注意しないといけないですね。

夏に注意したい感染症① はやり目

朝起きたら目やにがひどく、痛がる目は瞼が腫れて開かない……
といったような急な目の症状を「ウイルス性結膜炎(=はやり目)」と言います。

こちらの感染症は厄介なことに非常に強い感染力なので、罹ると二週間近く外出が禁止なんです。

夏のプールでの感染や、タオルの使い回しなどで免疫の少ない子どもは簡単に感染する感染症だそうです。
しかも特に特効薬はないので、清潔を心がけるのが一番のポイントなんだとか。

夏に注意したい感染症② プール熱

出典:www.bali-magazine.com

夏のプール開きがされると流行することから名付けられた「プール熱」。
こちらの感染症も、同じくプールの水を媒介して流行する感染症で、ウイルスは先ほど紹介したはやり目と同じ「アデノウイルス」が原因なんだとか。

プール熱は、
・38度以上の高熱
・結膜炎
・のどの痛み、腫れ
・5日以上症状が続く
といった特徴があります。

こちらの感染症も特効薬がないため、安静にすることが一番の薬です。
また、タオルの使い回しで簡単に感染するので、決してしないようにしましょう。

夏に注意したい感染症③ 手足口病

今年の夏は、全国的に手足口病が大流行しているそうです。
手足口病にも特効薬やワクチンはありません。

この感染症は、ひどい口の痛みが伴うため、水分が取れず脱水症状になってしまう子どももいるとか。
子どもが罹る感染症ですが、稀に大人に移ることもあるらしく、その場合は重症化しやすいそうです。
大人が罹ると、子どもよりも何倍も痛みを感じたり、高熱が続くそうなので要注意の感染症です。

いかがでしょうか?
今回は夏に流行りやすい感染症についてご紹介しました。
どれもタオルの使い回しから移ることが分かったので、くれぐれもタオルは使い回さないようにしましょうね!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。