子供から大人まで楽しめる粘土☆『ポリマークレイ』って知ってる?

インテリア

欧米で大人気の樹脂粘土『ポリマークレイ』って知ってますか?実はもう20年以上も愛されてる粘土なんです。
粘土といえば、子供が遊ぶものって思う方も多いですよね。でもこの粘土は、大人の方が楽しめちゃうかもしれませんよ!!
そんな粘土『ポリマークレイ』を紹介します。

ポリマークレイってどんな粘土?

ポリマークレイは、ドイツ発祥の粘土で、ドイツではフィモとも呼ばれています。子供から大人まで大人気のポリマークレイは、ドイツから欧米に広がり、20年以上愛され続けています。

樹脂粘土なので、焼き上げるとプラスチックのように固まります。ポリマークレイの特徴は、何よりカラーリングの良さ!焼き上がったあとも発色は、いいままです。

もともと色は豊富なポリマークレイですが、絵の具のように粘土を混ぜ合わせて混色ができるので、好きな色を作れます。色が豊富ってだけでトキメキますよね♪

粘土のポリマークレイは、手間なく簡単にできちゃいます

引用:www.youtube.com

粘土のポリマークレイの作り方は、とっても簡単です。普通の粘土と同じようにコネコネして、作りたい形に整形します。そして、オーブンで焼くだけです!

大きさや形により温度や時間も異なりますが、110度から130度ほどのオーブンで約20分から30分焼き上げれば出来上がりです。簡単ですよね!

オーブンの温度に耐えられるものなら、何でも一緒に焼成できちゃうので、木やガラスや金属なども一緒に組み合わせて、焼き上げることが可能なので、作れるものの幅が広がります。

ポリマークレイの粘土では、どんなものが作れるの?

色が豊富で、作り方も簡単!様々なものと一緒に焼き上げられるとなると、粘土のポリマークレイで何でも作れちゃいますよね。子供は、お人形やおままごとグッズ、好きなキャラクターなど好きな形に。

焼き上げたら、粘土がおもちゃになりますね。子供の思い出として、お部屋に飾っても可愛いですね!

大人なら、作れるものの幅が広がります。アクセサリーや、インテリア用品、お皿などの食器、オリジナルの指輪やペンダントトップなども作れます。あなたなら何を作りますか?

ポリマークレイの粘土は、種類が豊富

色だけでなく、種類が豊富な粘土、ポリマークレイ。

まず柔らかくて扱いやすいのが、初心者向きのフィモソフトとフィモエフェクトという種類です。メタリックや半透明もあり、カラーが豊富です。

そして、発色のいいフィモクラシックです。天然石風のビーズなどを作るにはこれがオススメです。

また、フィモという種類の他、プレスという種類があります。プレスは少々硬い粘土なので、よくねって柔らかくして使います。フィモとは色合いも違うので、作るインテリアなどに合わせて、使い分けてみてください♪

粘土の考え方が変わりますよね。私もフィモを使って、色々作ってみようと思います。まずは子供の誕生記念のものに挑戦します!
まだ子供は粘土遊びできませんが、できるようになったら誕生日の度に作らせて、記念として残したいですね。
子供から大人まで、楽しく粘土で遊びながら色んなものが作れますね!あなたなら何作りますか?