家事、育児、仕事の3つを両立する!ママの上手な時間の使い方とは?

子育て・ライフスタイル

私は小学5年生の女の子、小学3年生の男の子の母ですが、仕事もしているので、家事、育児、塾のことなど、毎日めいっぱいのタイムスケジュールです。
よくタイムスケジュールについてのご質問をいただくので、細かく公開します!

ママの上手な時間の使い方①「早起きは三文の徳」は本当☆

私は毎朝4時起きです。
家事のボリューム、前の日の残った仕事量によっては、3時起床の時もあります。

起きるときのアラームは、携帯電話のマナーモードを5分おきに、5回時刻を設定して起きます。一緒に寝ている子供たちを起こさないために、携帯のバイブレーションだけで起きれるように、長女が生まれる前に訓練しました。笑 

「なぜにそんなに早く起きれるのか?」と聞かれますが、単純に夜は11時半までには寝ることと、気合いしかありません。お夕飯の支度も、朝にしちゃいます!

ママの上手な時間の使い方②早起きだからこそ、身支度は丁寧にできる☆

早起きの徳としては、メイクや髪のセットをゆとりを持ってできる、ということです!

私にとって朝は、じっくり自分と向き合える貴重な時間になっています。新しいコスメを使ってみるワクワク感も、この時間にじっくり楽しめます。

子供たちが起きるときには、綺麗にしているママが完成です!

また、家ではワンピースタイプのルームウェアを着ています。ルームウェアでズボンは履かない主義です。

ママの上手な時間の使い方③朝の家事の合間に☆

先ほど述べた身支度ですが、私は一気に支度をするのではなく、朝の家事の合間にメイクや髪を巻いたりしています。

仕事で帰宅が夕方になる場合は、朝、お夕飯を作ってしまいます。洗顔後や髪をとかした後、お料理だけは一通り先に作り終えて、そのあと洗濯物を干して、髪を巻きます。

そして部屋の掃除、子供たちの持ち物準備、前の日にたたみきれなかった洗濯物をたたみながら、今日着たいお洋服を考える→メイク→子供たちの朝食の準備→起こして朝食→朝食中に子供たちの服をセット→自分の着替え、といった時間を過ごしています。

ママの上手な時間の使い方④お夕食後の少しのうたた寝が、元気の源☆

昼間は仕事もあり、塾のお弁当を作ったり、子供のお迎えや時には送りもしたりなど、1日フル活動をしています。

また夕方にはお風呂を洗ったりするので、くったくたです。笑

そんな時は、お夕飯のあとに1時間半ほど子供たちとスキンシップも兼ねて、リビングでゴロリとちょい寝をします!

このちょい寝がものすごい効果を発揮してくれて、私が早起きが出来るコツの1つにもなっていると思われます。

お子様の年齢によっても1日のリズムが違ってくるので、一概にこれがイイとは言えませんよね。我が家は子供が小学生2人と言っても、また別の意味で手が焼けたり、反抗期もあったりします。
でもママを11年間してきて思うのですが、子供たちが赤ちゃん時代からしていた早起きは、やはり一日を得した気分で過ごせます。是非トライしてみてくださいね。