ブーツにこもる嫌な臭い&トラブルをケア♪手作り《アロマスプレー》

子育て・ライフスタイル

前回、足の臭いやトラブルを防ぐアロマ「ティートリー」の効能についてご紹介しました。

ブーツにこもる嫌な臭いの原因がわかったところで、次は気になる臭いを元から消すための消臭アロマスプレーを作っていきましょう♪

ブーツの臭いを解決!簡単消臭アロマスプレー

蒸れた独特のブーツの臭いにサヨナラできる、消臭アロマスプレーの作り方をご紹介します。


・無水エタノール……5ml
・精製水……45ml
・精油……ティートリー5滴
   ……サイプレス、ラベンダー、ペパーミント、レモンなどお好みの精油を5滴
     (ティートリー10滴でも可)
・スプレー容器(遮光ガラス容器がおすすめ)


①スプレー容器に無水エタノールを入れる。

②お好みの精油を入れ、キャップをしてよく振る。

③混ざったら精製水を入れ、再度よく振れば完成!

完成したアロマスプレーを、履いたブーツの中に2,3回スプレーしましょう。

ブーツの中のこもった臭いを取り、菌やカビの繁殖を抑えてくれて、翌日にはスッキリとブーツを着用できます。

臭いが気にならない場合も、シュッとスプレーすると予防になります。

もちろん、ブーツだけではなく、スニーカーやお子さんの靴、旦那さんの靴にも使えます。

アルコールを使用していますので、変色などの恐れがあるため、ブーツの外側部分(革や布)には使用しないでくださいね。

わが家ではマストアイテムになっており、冬に限らず、1年中重宝しています。

こちらのスプレーは万能!加齢臭が気になる旦那さんの枕や寝具、お部屋のクッションなどにも使えます。

なんとなく臭う寝室の臭いも、スッキリ消臭してくれます。

上記の精油をお好みの精油に変えるだけで、ルームスプレーとしても活躍しますよ。

※柑橘系など、色のついた精油を使用する際は、布に色が付く可能性があります。使用の際はご注意ください。

これからが冬本番!ますます出番の多くなるブーツですが、雑菌の繁殖を抑えて、嫌な臭いを寄せ付けないように、アロマスプレーでケアをしていきましょう。