麹の次はこの調味料が来る!「みりん粕」の魅力と活用法

塩麹や酒粕に次ぐ調味料として注目されている「みりん粕」をご存知ですか?栄養価が高く、活用できるお料理の幅も広い、みりん粕の魅力と活用法をご紹介します♡

NEXTブーム調味料?!「みりん粕」の魅力と活用法①みりん粕とは?

みりん粕とは、みりんを熟成させてできた酒粕のこと。オリゴ糖やブドウ糖など、健康に良いとされる9種類の糖分を含んだ栄養価の高いものなんです。

中でも嬉しい効果は、腸内環境の改善!便秘解消効果が期待でき、さらにはコレステロールを体外に排出してくれることから、ダイエット調味料としても注目されています。

まろやかでコクのある味わいなので、お料理にプラスしやすいのも人気の秘密です♪

NEXTブーム調味料?!「みりん粕」の魅力と活用法②パン生地にIN

それでは、そんなみりん粕はどんな風に調理したら良いのでしょうか?

まずオススメは、パン生地に混ぜて焼き上げること。

どんなパン生地にもみりん粕を大さじ1程度混ぜるだけで、お砂糖いらずでほんのり甘いパンが焼き上がるんです!

ロールパンや丸パンなどのシンプルなものから、お惣菜パンやチョコチップパンなどとの相性も抜群。どんなパンにもマッチし、優しく深い味わいに仕上げてくれますよ♪

NEXTブーム調味料?!「みりん粕」の魅力と活用法③食材に漬け込む

続いてご紹介するのは、塩麹と同じように食材にみりん粕をを漬け込む活用法。お肉やお魚をみりん粕に漬け込むことで、より食材のうまみを引き出してくれるんです♪

豚肉や鶏肉にみりん粕をまぶして寝かせてから焼くと、柔らかくジューシーに。お肉だけでなく、お魚を漬けておくと、臭みを消してくれる効果もあります。

味付けも、みりんの風味があれば少量でOKになるので、とってもヘルシーですよ♡

NEXTブーム調味料?!「みりん粕」の魅力と活用法④甘酒に♡

nanbanya-shop.com

みりん粕は、塩麹や酒粕と同じように考えて使えばOKなので、甘酒にするのもオススメ!特に、みりんが原料なので、とっても甘く飲みやすい甘酒が出来上がります。

みりん粕(25g)と水(100cc)にお砂糖(小さじ2)、生姜の絞り汁(数滴)を入れて火にかけ、アルコールを飛ばせば完成。香りも口当たりもまろやかで、お子様も安心して飲むことができます。

柚子ジャムがあれば、少し加えるだけで、より爽やかな飲みやすい味になりますよ♪
いかがでしたでしょうか?
とっても栄養価が高く、活用法も幅広い「みりん粕」の魅力と活用法をご紹介しました。麹に次ぐブーム調味料として、ぜひ注目してみてくださいね。

みりん粕 活用法 調味料 レシピ

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

平林玲美

料理研究家・フードアナリストの平林玲美です。
食の親善大使 食のなでしこ 2014年度グランプリ♡…

>もっとみる