もう失敗しない!メイク前に準備したい3つのこと

美容

毎日のメイクがなんだか決まらない、メイクのノリが悪い……。あれこれと新しいメイクアイテムや、メイクアップ方法を試しても、どうも上手くいかないという方は、実は、メイク前の段階で失敗しているのかもしれません。

今回は、メイクを開始する前に準備すべきことをチェックしてみましょう。

奥島 美帆
奥島 美帆
2016.03.09

メイク前に準備したいこと:明るい照明

暗くて、ちゃんと見えていなければ、どんなメイクも失敗するのは当たり前。メイクを開始する前に、まずは部屋を明るくしましょう。

暗い部屋でメイクをすると、色を濃くつけすぎてしまいがち。外に出ると、ギョッとするような濃いメイクになっていることもあります。

また、一方からの偏った光でメイクをすると、ポイントメイクの左右差が出てしまったり、影になっている部分のファンデーションがムラになっていたりと、バランスの悪いメイクになってしまいます。

ほとんどの方は、朝にメイクをすることが多いと思いますので、カーテンを開け、日の光が部屋全体に届く状態で行うのが良いですよ。

蛍光灯の光だけでは、色味の判断が難しくなるため、できるだけ自然光も取り入れて色を合わせましょう。人工の光のみでメイクする場合は、「昼白色」と表示されている照明を選ぶと◎

部屋の明るさは、気分の明るさにも繋がるので、明るい照明にすれば、メイクをさらに楽しめるようになりますよ♪

メイク前に準備したいこと:鏡

小さな手鏡のみでメイクをしていると、全体を一度に見ることができず、こちらもバランスの悪いメイクの原因になります。

最低でも、頭から胸の辺りまでが映る、大きめの鏡を準備しましょう。

そしておすすめなのが、大きな鏡と手鏡のダブル使い。全体のバランスを大きな鏡で確認しながら、細かいアイメイクや口紅のラインなどは手鏡を使ってメイクを行うと良いですよ。

その際、鏡が汚れていても、よく見えなくて失敗メイクになってしまうことがあります。鏡はいつもキレイに磨いておきましょう。

メイク前に準備したいこと:道具を清潔に

ファンデーションのスポンジや、メイクブラシ、パフなどは、清潔に保っていますか?

ついつい面倒で、洗わずに使い続けている方もいるかもしれませんが、これがメイクの仕上がりに大きく影響します。

スポンジやブラシなどを洗わないでいると、余計な油分がついたままで、ファンデーションが上手くフィットしなかったり、化粧崩れを起したりするのです。

同じファンデーションでも、新しいスポンジにするだけで、劇的にノリがよくなったりしますよ。

また、雑菌の繁殖も怖いもの。雑菌は、肌荒れやニキビの原因となります。

メイクをのせる肌の状態が悪くなってしまったら、元も子もありませんよね。メイク道具は清潔にするよう心がけましょう。

いかがでしたか?下準備ができていなければ、いくらテクニックがあっても、それを活かすことができません。

毎日のキレイをキープするために、しっかりと準備してからメイクを始めましょうね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。