クリスマスディナーの定番♡「ローストチキン」の簡単レシピ☆

グルメ・レシピ

クリスマスディナーのメインといえば、やっぱりローストチキン♡
丸ごと鶏を焼くのは難易度も高いし食べきれないけれど、骨付きもも肉を使えば、とっても簡単です♪
定番レシピからアレンジレシピまで、オススメの作り方をご紹介します!

平林玲美
平林玲美
2015.11.18

ローストチキンの簡単レシピ①定番のローストチキン

まずは、定番のローストチキンレシピ♪
クリスマスにかかせないローストチキンは、骨つきもも肉を使えば、手軽に豪華に仕上げることができます。

こちらのレシピは、下味を漬け込む時間も少なくてOKなので、時間のない時にオススメ。皮目はフライパンで、中はオーブンでじっくりと火を通すことで、皮はぱりっと中はジューシーなローストチキンに仕上がります♡

[材料]
・骨付き鶏もも肉 2本
★赤ワイン 大さじ2
★塩胡椒 少々
★ニンニク 2片
・レモン お好み 

[作り方]
1.鶏肉に★をすりこんで1時間ほど漬けおき、皮目を下にしてフライパンで焼き色をつける。
2.裏返して、フライパンごと200℃に余熱したオーブンへ。
3.15分焼いて、中まで火が通ったらレモンを搾って完成。

ローストチキンの簡単レシピ②和風ローストチキン

続いては、和風味のローストチキン。下味を漬ける時間もなく、オーブンを使わないのでとっても簡単です♪

クリスマスというと、どうしても洋風ディナーになりがちですが、和のテイストでもクリスマス仕様にできます。このローストチキンにはポテトサラダがよく合うので、ツリー風に盛りつけて添えれば、たちまちおもてなしプレートに♡

毎年同じメニューで飽きてしまったという方、今年は和風のクリスマスディナーにしてみませんか?

[材料]
・骨付き鶏もも肉 2本
★しょうゆ・みりん 各大さじ5
★砂糖 大3

[作り方]
1.鶏肉を皮目を下にしてフライパンで焼き、強火で焼き色をつける。
2.裏返して中火にし、中まで火が通ったら★を加える。
3.弱火にして絡め、とろみがついてきたら完成。

ローストチキンの簡単レシピ③マスタードローストチキン

こちらは、ピリッとしたマスタードの風味がアクセントになるローストチキン。はちみつと一緒に漬け込むことで、漬け時間が短くても、柔らかく仕上がることがポイントです♡

マスタードは粒マスタードがオススメ。アレンジレシピとして、オレンジのスライスを一緒に入れると爽やかなチキンに、マスタードを柚子胡椒にかえると和風にもできますよ♪

[材料]
・骨つき鶏もも肉 2本
★粒マスタード 大さじ1
★しょうゆ 大さじ3
★はちみつ 大さじ2
・塩こしょう 少々
・にんにく(すりおろし) 1片

[作り方]
1.★と一緒に鶏肉をビニール袋に入れてよく揉み、30分漬ける。
2.クッキングシートを敷いた天板にのせ、200℃に余熱したオーブンで15〜20分焼く。

ローストチキンの簡単レシピ④ハーブローストチキン

最後は、本格的なハーブローストチキン♪
クレイジーソルトとハーブを使って、手軽に本格的な味を作りましょう!

ハーブは粉末タイプでOK。生のものを使う場合は、細かくちぎって揉み込んでください。お好みでブラックペッパーを効かせるのもオススメ☆

前日に下準備しておけば、オーブン任せで仕上がるので、パーティーにはもってこいのレシピです♡

[材料]
・骨付き鶏もも肉 2本
・クレイジーソルト 適量
★にんにく(すりおろし) 2片
★はちみつ 大さじ2
★レモン(スライス)1/2個
★粉末ローズマリー・パセリ・タイムなど 少々
・お好み野菜(じゃがいも・たまねぎ・人参など) 適量

[作り方]
1.鶏肉にフォークで数カ所穴をあけ、クレイジーソルトをかけて揉み込み10分おく。
2.★と一緒に1をビニール袋にいれて揉み、半日冷蔵庫で寝かせる。
3.クッキングシートをひいた天板に、カットした野菜と2を並べ、200度に予熱したオーブンで20分焼く。
4.スライスレモンをのせ、更に2分焼いて完成。

いかがでしたでしょうか?
クリスマスに食べたい、ローストチキンのお手軽レシピをご紹介しました♡
骨付きもも肉を使えば、とっても簡単!ぜひ参考にしてみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。