オーストラリア発のおしゃれな卵料理♡「クリスピーエッグ」とは?

グルメ・レシピ

オーストラリア発の卵料理、「クリスピーエッグ」をご存知ですか?
卵一つで作れるクリスピーエッグが、朝食やワンプレートランチの主役にピッタリと話題になっています♡
週末のブランチに食べたくなるおしゃれな「クリスピーエッグ」の作り方をご紹介します。

卵一つで主役になる「クリスピーエッグ」①クリスピーエッグとは?

クリスピーエッグとは、オーストラリアのメルボルンで今人気の卵料理。半熟トロトロのポーチドエッグに衣をつけてサクッと揚げた、卵フライなんです。

高温でサッと揚げるため、外はカリカリ、中はポーチドエッグの半熟な黄身がとろりと溢れ出し、その2つの食感を楽しむことができます。

オーストラリアの人気カフェや人気レストランで、今注目のメニューです☆

卵一つで主役になる「クリスピーエッグ」②作り方♡

それでは、クリスピーエッグの作り方をご紹介します。

まずは、お鍋にお酢と塩を少々加えてお湯を沸かし、お玉に割り入れた卵を、お玉ごと沸騰したお湯につけて、ポーチドエッグを作ります。

粗熱が取れたら小麦粉をはたき、溶き卵に牛乳を少し加えた卵液にくぐらせてから、パン粉をつけて衣づけしましょう。このとき、パン粉にパセリやバジルなどの粉末ハーブをミックスしておくのも◎

あとは、180°Cの高温で2.3分揚げれば完成です♪

卵一つで主役になる「クリスピーエッグ」③トッピング♡

出典:www.excite.co.jp

クリスピーエッグができたら、ぜひトッピングをアレンジして楽しんでみてください♪

ソースとして、タルタルソースやトマトソース、アンチョビやワカモレなどを添えてディップするのも◎

また、マッシュルームやエリンギなどのキノコ類をソテーし、粉チーズをかけながら一緒にいただくのもオススメです。

卵なのでトリュフとの相性も良く、トリュフ塩をかけていただくのも美味しいですよ。

卵一つで主役になる「クリスピーエッグ」④オープンサンドにしてワンプレート朝食♡

クリスピーエッグは見た目もキュートなので、ワンプレートにすると更におしゃれになります。

バケットやベーグル、イングリッシュマフィンの上にクリスピーエッグをのせ、ハムやサーモン、アスパラやアーモンドなどをトッピングしてサンドしてみましょう♪

サイドにサラダやアボカドを添えて彩りを飾れば、とってもおしゃれなワンプレートの完成です♡

いかがでしたでしょうか?
オーストラリア発の卵料理、「クリスピーエッグ」をご紹介しました。卵一つで豪華なメイン料理の完成!ぜひ参考にしてみて下さいね。