"横顔美人"は自分で作れる!「Eライン」を整える方法とは?

美容

自分の横顔を自分で見る機会はなかなかありませんが、実は他人からは多く見られているもの。

美しい横顔の条件と言われる「Eライン」。骨格は生まれつきのものだからと諦めるのは、もったいないですよ!

今回は、横顔美人の条件である「Eライン」を自分で整える方法をご紹介します。

横顔美人の条件“Eライン”とは

Eラインとは、アメリカの矯正歯科医師が横顔の美しさの基準として発表したもので、鼻先から顎先を結んだラインのこと。

“E”はエステティックの略で、正しくはエステティックラインと呼びます。

このEライン上に、唇の先端がある、または少し内側に収まっているのが美しい横顔であると言われています。

自分でチェックするには、人差し指を立てて、鼻先と顎先に当ててみましょう。

この時に、唇が指に軽く触れるか触れないか、という状態だと理想的な横顔だと言えます。

逆に、指が唇にべたっと押し付けられてしまう場合は、少し理想からは外れた状態。でも、生まれつきだからと諦めないで!

ご紹介する方法で、Eラインのバランスを整えることができますよ。

Eラインを整える方法①顎を鍛える

顎が後退してしまっていると、Eラインが綺麗に出ません。まずは、顎の筋肉を鍛えることから始めましょう。

最近は、硬いものを咀嚼して食べることが少なくなったため、“顎なし”と言われるような顔の形が増えていると言われています。

食事の時には、よく噛んで食べるようにしましょう。よく噛むことは、顎のたるみ防止にも役立ってくれますよ。

また、携帯電話やインターネットの普及によって、会話をしなくてもコミュニケーションができることも、顎の筋肉を衰えさせている原因と言われます。

いつも無表情にケータイに向かうのではなく、人と向き合って表情筋を使うようにしましょうね。

Eラインを整える方法②鼻呼吸をする

日常的に口がぽかんと開いていて口呼吸をしている人は、口元が前に出やすいと言われています。

ずっと口呼吸をしていると、顎がなく、出っ歯になる「アデノイド顔貌」という顔つきに変わってしまうこともあるそう。

逆に鼻呼吸ができている人は、鼻と口周りの筋肉が引き締まってきます。

「口呼吸をしているかも。」と思った方は、まず口を閉じることを意識してみましょう。

口周りの筋力不足で口が閉じなくなっている方には、筋力エクササイズが効果的です。

簡単にできるのは、できるだけ大きく口を開けて「あいうえお」と発音する方法。これだけでも、口周りの筋肉がかなり使われます。

睡眠中に口を閉じておくためには、専用のテープなども市販されていますので、利用してみると良いかもしれませんね。

Eラインを整える方法③笑顔でいる

最も簡単にEラインを整えられるのが「笑顔でいる」ことです。

笑顔で口角がキュッと上がった状態だと、自然と口元が内側に引っ込んで、綺麗なEラインができていることが多いのです。

また、口角を上げるように表情筋を使うことで、口周りの筋肉も鍛えられ、口元も引き締まってきます。

さらに、口元を意識することで、鼻呼吸にも繋がります。

Eラインの話だけにとどまらず、笑顔は女性を美しく見せてくれるものです。いつも緩んだ「への字口」でいないよう、注意しましょうね。

いかがでしたか?ちょっとした意識の積み重ねによって、顔の形は変わっていくものです。

横顔美人を目指して、Eラインを整える方法をぜひ実践してみて下さいね。