並べてうっとり♡話題の【ハーバリウム】の簡単な作り方&見本集

Cover image: www.instagram.com

SNSを中心に話題となり、フォトジェニックなインテリアやハンドメイド好きな方たちの間で人気を呼んでいる《ハーバリウム》。

材料が手に入りやすく、作り方も簡単なことから、自宅で作られる方も増えてきています。

今回は、ハーバリウムの「作り方」と「おしゃれ見えするコツ」を、Instagram(インスタグラム)で見つけた作品とともにご紹介します。

話題の《ハーバリウム》をハンドメイド!簡単な作り方

@tamio326がシェアした投稿 -

「ハーバリウム」とは、ドライフラワーやプリザーブドフラワーなどのように、"乾燥させた植物"を特殊なオイルに漬けることで、お手入れ要らずでその美しさを1年近く楽しめるという「植物標本」のことです。

容器はガラス製で、しっかりとキャップをできるものがおすすめです。

100均でも人気の電球型容器などもかわいいですね。

ハーバリウムの作り方は、実はとっても簡単です。

①瓶を殺菌消毒する

②瓶に花材を入れる

③瓶にオイルを注ぐ

この3STEPのみ!さらに詳しく、作り方をご紹介します。
【作り方】

①瓶を洗い、乾かした後、エタノールなどで拭き、殺菌消毒をします。

※この時、しっかりと乾かさないと腐敗の原因となります。

②ドライフラワーやプリザーブドフラワーなど、乾燥した花材を瓶に入れます。

※生花など水分を含んだ花材は、色が抜けやすく、またこちらも腐敗の原因となるので要注意です。

③保存オイルを注ぐ。

シリコーンオイルや流動パラフィンなどが、手に入りやすく、人気です。

④オイルを注いだことで、沈んでしまったり、逆に浮いてしまった花材のバランスをピンセットや竹串などで直し、キャップをしっかりと締めれば完成です!

材料も少なく、手順も簡単ですね。

話題の《ハーバリウム》をハンドメイド!"おしゃれ見え"させるコツ

ハーバリウムの簡単な作り方がわかったところで、次は、ハーバリウムをおしゃれに作るためのコツをご紹介します。

少ない花材でも、色の濃淡を作ることでアジサイの可愛さが引き立ち、華やかに見える仕上がりになります♡
庭先の木の実や花を使いドライフラワーを作ると、瓶の中に小さなお庭ができたかのような、季節を感じられるハーバリウムに♪

プリザーブドフラワーやドライフラワーは、お菓子などに入っている「シリカゲル」があれば、ご自宅で簡単に作ることができますし、オンラインで手軽に購入もできます。
オイルを入れると浮いてしまう花材もあるため、少ない花材では、寂しく感じる場合もあります。

花びらや花だけでなく、茎などのついた丈の長い花材も入れることで、物足りなさが解消されて、花材の浮きも防止してくれます。
色をMIXしたハーバリウムは、1つで飾っても華やかでフォトジェニックですが、数本並べたい場合は、色ごとにボトルを作ると、おしゃれ見せが叶います。

アジサイやかすみ草など、自由にサイズを作れる花材は、瓶の内側に触れるような大きさに小分けして瓶に入れることで、浮かなくなります。

また、その間に他の花材を挟んでいくことで、他の花材が浮かず、オイルを注いでもイメージ通りのバランスを保つことができます。
1つのハーバリウムの中に色の層を作ると、華やかに見えますね。

色を層にする場合は、同じ花材を重ねることがおしゃれ見せのポイントです♪
また、植物と一緒に海で拾ってきた貝殻を浮かべるのも、これからの時期にぴったりなDIYです。

植物ではないものが入るという点では、本来のハーバリウムとは違うのかもしれませんが、いろいろな楽しみ方ができるのも、ハンドメイドの良いところ♪

デザインの幅が広がることで、「作ってみたい!」や「マネしたい」の気持ちも大きくなりますね。
用意する材料が少なくて、簡単に作れる《ハーバリウム》は、涼しげな雰囲気で、夏のインテリアにもぴったりです。

みなさんも、ハンドメイドしてみてはいかがでしょうか♡

ハーバリウム 簡単 作り方 DIY コツ アイデア フラワーリウム フラワーアレンジメント 植物標本 ドライフラワー プリザーブドフラワー

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

misaki.o

小学生の姉妹ママ。
情報収集やハンドメイド・お料理&子どもとお出かけするのが趣味。

>もっとみる