「あと1品、どうしよう?」忙しい時に役立つ、作りおきおかずレシピ

グルメ・レシピ

「ご飯まだー?」「お腹すいたー!」という家族からの声を聞きながら、バタバタと食事作りに追われるのって、結構ストレスになりますよね。

「あと1品、どうしよう?」という時に助かる、小さなおかずを4つご紹介します。まとめて多めに作り、保存容器に入れて冷蔵保存しておきましょう。

節約&時短!作りおきおかずレシピ①にんじんと油揚げのサラダ

まずは「にんじんと油揚げのサラダ」のレシピです。

■材料(4人分)
にんじん 1本
油揚げ 1枚

A
マヨネーズ 大さじ2
酢 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1と1/2
塩・こしょう 少々

■作り方
1.人参はスライサーで千切りに、油揚げは細く切る。

2.油揚げは、油をひかずにフライパンでカリッと焼いて取り出し、空いたフライパンで湯を沸かし、人参を入れてサッとゆでる。ザルに出し、水けをしっかり絞る。

3.保存容器にAを合わせ、人参・油揚げも入れて味付けする。

人参の甘みもあって、味わい深い一品です。面倒な人参の千切りは、スライサーを使えばとっても簡単!

人参と油揚げの組み合わせは「和」の味付けを想像しがちですが、マヨネーズ・酢・オリーブオイルで「洋」の味わいになりますよ♪

節約&時短!作りおきおかずレシピ②ピーマンとカニカマの炒め物

続いては「ピーマンとカニカマの炒め物」のレシピです。

■材料(4人分)
ピーマン  4~5個
カニカマ 1/2パック分
オリーブオイル 大さじ1
塩・こしょう 各少々

■作り方
1.ピーマンはヘタと種をとって細く切り、カニカマは手でほぐす。

2.フライパンにオリーブオイルを熱して炒め、塩・こしょうで味を調える。

味付けがシンプルなので、どんなメイン料理にも合わせやすいですよ。

節約&時短!作りおきおかずレシピ③切り干し大根煮

続いては、作りおきの鉄板おかずとも言える、「切り干し大根煮」のレシピです。

■材料(4人分)
切干大根・干しシイタケ(薄切りタイプ) 合わせて60g程度
人参 1本
油揚げ 1枚
ごま油 大さじ1

ぬるま湯 1カップ

A 
しょうゆ 大さじ3
みりん 大さじ2

■作り方
1.ボウルにぬるま湯(1カップ)を入れ、切干大根・干しシイタケを戻し、水気をしっかり切る。

2.人参と油揚げを細く切る。

3.1.の戻し汁に、Aを混ぜる。

4.フライパンにごま油を熱し、人参・切り干し大根・しいたけ・油揚げを炒め、3.のだし汁を加え、中火で10分程度煮る。              

おうちで余っている使いかけの乾物を使えば、整理にもなり、一石二鳥です。乾物ひじきがあれば、切り干し大根をひじきに代えてもOKです。汁気をしっかりと切り、マヨネーズで和えたら、洋風サラダにもアレンジできますよ。

節約&時短!作りおきおかずレシピ④ブロッコリーとトマトのごまあえ

最後は「ブロッコリーとトマトのごまあえ」のレシピです。

■材料(4人分)
ブロッコリー 1株
トマト 1個

A マヨネーズ 大さじ3~4
A すりごま 大さじ2
A 酢 小さじ1

■作り方
1.ブロッコリーは小房に分ける。茎は繊維の多い表面の皮をとり、食べやすい部分だけ拍子切りにする。トマトはへたを取り、一口大に切る。

2.鍋に湯を沸かし、ブロッコリーの茎→つぼみの順に時間差で鍋に入れて茹で、ザルに取り出し、水に取り出して色止めする。しっかり水けをきる。

3.保存容器にAを合わせ、ブロッコリー・トマトを加え、味をなじませる。

ブロッコリーは、茹でた後、しっかり水けを切っておきましょう。

いかがでしたか?節約にもなる、作りおきおかずレシピを4品ご紹介しました。

小さいおかずをストックしておけば、メインを作っている間に、小さいおかずを盛りつけるだけなので、毎日の夕食作りの時短にもなります。お弁当の隙間を埋めるおかずにも使えるので、朝の忙しい中でのお弁当作りにも重宝しますよ。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。