【弁護士が答えるママのお悩み相談】ピアノの音は"騒音"になる?!

子育て・ライフスタイル

ママのお悩みに、現役弁護士がお答えするコラム。

日常の何気ない疑問や不安を、弁護士に相談してみませんか?

読者の皆さんのお悩みを、法律の観点から解決いたします。

今回は、お子さんのピアノの練習が騒音になるのか、というご相談にお答えします。

【お悩み相談】子どもがピアノを練習していたら苦情が……辞めるしかない?

子供がピアノを習い始めました。夕方に練習させているのですが、お隣さん(一軒家)から苦情がきました。

もしも騒音トラブルに発展してしまったら、ピアノは辞めさせるしかないのでしょうか?

(30代・主婦)

【弁護士の回答】通常の範囲であれば法的に問題となることはありません

弁護士の篠田恵里香(しのだえりか)です。今回は、騒音トラブルに関するご相談です。

ピアノの上達には練習が必要である以上、一定のピアノの音が漏れてしまうのは、やむを得ないと言えます。

ただし、ピアノの音が相当大きくて、夜間もしょっちゅう弾いている、注意されても謝らない……といった迷惑な事情が重なれば、訴えられて負ける可能性は出てくるでしょう。

この場合も、「受忍限度を超えるような音の出し方をしない」ように配慮することが大事です。

行政の注意を押し切って音を出し続けたりした場合には、条例違反となったり、不用意に爆音や不快な音を出し続けた場合には、慰謝料の支払い義務を負うこともあり得ます。

しかし、近所に配慮しながら昼間にピアノを弾く程度であれば、通常は法的に問題は生じません。

防音の設備を備えることも、法的に問題になりにくいための一つの方法です。

トラブルは「人間関係」の問題

今回のような騒音の相談のみならず、ご近所トラブル全般に言えることですが、トラブルが泥沼化するのは、やはり「人間関係」の問題が大きく関わります。

仮に注意されてしまった場合は、真摯に受け止めましょう。

「午後○時以降はピアノを弾かないようにします」

「どうしてもの場合には、迷惑にならないようペダルで音を小さくします」

などとコミュニケーションを取ることが、一番の解決策と言えるでしょう。

普段から、しっかり言いたいことが言える関係を作るということも、大事なのかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか。

今回は、ピアノの練習でお隣さんから注意されてしまったケースの相談について、解説しました。

日頃から良好なコミュニケーションを取って、お互いに気持ちよく過ごせる環境づくり、関係性づくりを心がけるようにしましょう。

弁護士さんへの相談はこちらから☆

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。