野菜高騰!栄養満点の"豆苗料理"を賢く取り入れてみませんか?

グルメ・レシピ

この秋、多くの主婦を悩ませているのが野菜の高騰!今まで100円前後で買うことが出来た野菜が、2倍から3倍の値段で販売されています。
家族の健康の為に栄養満点の野菜をしっかり食べさせてあげたいものですが、こうも高いと使用量が減ってしまうもの。

そんな今の時期に活躍してくれるのが「豆苗」!今回は豆苗の魅力や美味しい食べ方、驚きの活用術をご紹介します。

牧村麻美
牧村麻美
2015.11.01

野菜高騰の今食べたい!栄養満点野菜「豆苗」①どんな野菜?

豆苗(とうみょう)はエンドウの若菜であり、エンドウ豆を短期間で発芽、成長させたものです。生でそのまま頂くとエンドウ豆のほのかな甘みを感じ、シャキシャキと歯応えが良いのが特徴で、緑野菜にありがちな苦味やアクが少ないので食べやすく、調理の手間も少ないのが魅力です。

野菜高騰の今の時期ですが、比較的値段は安定していて1袋100円程度で購入出来るのが嬉しいポイントですね。

野菜高騰の今食べたい!栄養満点野菜「豆苗」②どれぐらい栄養があるの?

細長く頼りない見た目をした豆苗ですが、実はとっても栄養価が高いんです!

同じ緑黄色野菜の中で栄養価が高いと思われているほうれん草と比べても、豆苗はより多くの栄養を保有。写真のグラフを見て頂くと、その栄養価の高さに驚かれるのではないでしょうか?

その他、βカロテンはブロッコリーの5.8倍程。食物繊維はアスパラガスの1.7倍も含んでいるんですよ♡

また、野菜にはなかなか含まれていないタンパク質を多く含む野菜でもあります。タンパク質はダイエット中に積極的に摂っておきたい成分でもあり、脂肪分の低い野菜で補えるのはとっても嬉しいポイントです。

野菜高騰の今食べたい!栄養満点野菜「豆苗」③美味しく頂くためには?

豆苗はそのままでも食べられる野菜。ドレッシングをかけてそのまま頂いてもOKですが、軽く火を通してあげることでカサが減り、より多くの豆苗を頂くことができます。

一番手頃な食べ方はレンジで軽く加熱し、ごま油と麺つゆで和えたお浸し。あと一品欲しい時にもぴったりのメニューです。その他、鶏肉や卵などのタンパク質と合わせて炒めたり、パスタなどの麺類に入れるとお子様にも食べやすい栄養満点麺料理が完成します。

これからの時期は、お鍋の具材にもオススメ♡あまり加熱をせず、しゃぶしゃぶする程度でOK。豚肉で巻いて食べると絶品ですよ!

野菜高騰の今食べたい!栄養満点野菜「豆苗」④おうちで栽培も出来る♡

豆苗を買ってきたら、根元をカットして使用しますが、この根本部分を栽培すればまた豆苗がニョキニョキと生えてくるんです。

栽培方法はとても簡単。カットした豆苗の根元を水を敷いたトレーなどに置き、1日に1度水を入れ替えるだけでOK。1週間程で、元の長さまで成長してくれますよ♡

たった100円程度で購入できる豆苗ですが、2度目も美味しく頂けるなんて!有り難きコストパフォーマンスですね。但し、販売されている豆苗は無菌状態で育てたもの。自宅で栽培した豆苗を食べる際には、必ず加熱してから頂きましょう。

いかがでしょう?野菜高騰の今の時期にはとってもありがたい、コストパフォーマンス高めの豆苗(^^)
栄養満点で調理の手間も少なく食べやすい野菜です。食卓にどんどん登場させたいですね♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。