“乳化剤”は牛乳じゃない!紅茶やコーヒーに入れるミルクの正体とは

コーヒーショップやコンビニなどで目にする、小さい容器に入った“ミルク”。一般的には、“コーヒーフレッシュ”とも呼ばれていて、常温で長持ちするミルクです。

でも、「牛乳なのに、何で冷蔵庫に入れておかなくていいの?」と疑問に思ったことはありませんか?

そこで今回は、コーヒーや紅茶に入れるミルクの正体について、ご紹介します!

紅茶やコーヒーに、ミルクを入れますか?

www.21food.com

お店でコーヒーや紅茶を注文すると、ガムシロップなどと一緒に出てくるミルク。コーヒーをブラックで飲まない方や、甘めの味がお好みの方は、よく入れているのではないでしょうか?

このコーヒーフレッシュには、“乳化剤”が含まれているため、牛乳や生クリームが入っているものだと思っている方が多いようです。

しかし、実はコーヒーフレッシュは、ミルクが高価だった時代に発明された牛乳の代用品であり、決して牛乳ではないんです!

コーヒーフレッシュは何者?!

長時間、常温で置いていても腐ることがない、コーヒーフレッシュ。

これがどのようなことを意味するのかというと、腐らないように、防腐剤や保存料が入っているということです。

ミルクに似せて作られている、コーヒーフレッシュ。主に水、食物油、乳化剤、ph調整剤、そしてカラメル色素といった、食品添加物によって構成されています。

市販のコーヒーフレッシュには、乳化剤と表記されているため、牛乳が原料だと思ってしまう方も多いのですが、牛乳から作られているものではないのです。

(中には、乳脂肪が含まれている商品もあります)

コーヒーフレッシュは使っちゃダメなの?

それでは、コーヒーフレッシュを使ってはいけないのでしょうか?

もちろん、食品添加物ですから、健康に良いとは言えないかもしれません。コーヒーフレッシュには“トランス脂肪酸”も多く含まれているため、トランス脂肪酸廃止の流れにある欧米では、「使わない」という方も少なくないようです。

とは言っても、健康に良くないから今すぐ止めるべき、という話でもありません。

ただし、コーヒーや紅茶が好きで、毎回、必ずコーヒーフレッシュを入れているという方は、少しだけ気をつけてみるといいかもしれません。
いかがでしたか?乳化剤が、牛乳からできていると思っていた方も、多くいらっしゃったのではないでしょうか。

しかし、コーヒーフレッシュの正体は、食品添加物からできているミルクの代替品。体に入るものなので、成分表などをしっかり見て、見極めていきたいものですね。

乳化剤 ミルク 正体 紅茶 コーヒー 牛乳

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

橘 茉子

>もっとみる