子どもの何に”アンテナ”を立てていますか?長所を見つけるコツとは

子育て・ライフスタイル

「わが子のいいところを10個挙げてください」と言われてすぐに答えることができますか?
「はい、もちろん!」という方は、子どもを伸ばすことが上手なママと言えるでしょう。
「う〜ん…」と考え込んでしまった方は、少しだけお子さんへの見方、考え方を変えてみませんか?

お子さんの長所をもっとたくさん見つけてあげられるコツをお伝えしたいと思います。

子どもの長所を見つけるコツ<1>妊娠中は妊婦さんばかりが目に留まる?

私が妊娠していた頃、街を歩いていても同じようにお腹の大きなママばかりが目に飛び込んで来たことがありました。「世の中は少子化、少子化と言われているけれど、なんだか妊婦さんが増えている…?」そんな気がしたものです。

現在妊娠中のプレママさん、そして子育て中のママの皆さんはいかがですか?

人の脳は日々入ってくる膨大な情報の中から、自分の見たいものや興味関心のあるものを無意識に選んで取り込んでいる、と言われています。例えば、妊娠中は妊婦さんに自然に目が行きますし、出産後は妊婦さんよりも同じような月齢の赤ちゃんが気になる傾向にあります。

私が普段行っているコーチングでは、興味関心のあるものを無意識に選んで取り込むことを「アンテナを立てている」と表現しています。

子どもの長所を見つけるコツ<2>あなたは何にアンテナを立てていますか?

妊婦さんにアンテナが立っていると、知らず知らずのうちに妊婦さんを探すのが上手になります。

同じように、赤ちゃんにアンテナが立っていれば赤ちゃんを、イケメンにアンテナが立っていればイケメンを見つけるのがどんどん上達して、出会う確率もぐっと高くなるかもしれません。

わが子の「いいところ」も同じようなもの!

いつも「いいところ」「得意なところ」「素敵なところ」「好きなところ」「個性やその子らしさ」にアンテナを立てていると、子どもの長所が多く目に飛び込んでくるのです。

子どもの長所を見つけるコツ<3>”うちの子は○○だから”が口癖になっていませんか?

反対に、いつも子どもの「ダメなところ」「できてないところ」「嫌いなところ」「気がかりなところ」にアンテナが立っていると、そうした面ばかりが目について、つい怒ってしまったり、落ち込んだりしてしまいます。

例えば「うちの子は落ち着きがない」と思い込んでいると、ますます落ち着きがない行動が目に入ってきてしまうのです。

その度に「もう!あなたって本当にいつも落ち着きがないんだから!』とガミガミ言うことで、子ども自身も自分は落ち着きがない、と思ってしまいますしママの思い込みも強くなります。

「うちの子は○○だから」と口癖になってしまっていることがないか、思い返してみませんか?

子どもの長所を見つけるコツ<4>何にアンテナを立てるかは自分で決める!

「うちの子は○○だから」を言ってしまっている…そう思われたママも、安心してください!

今、ご自身がお子さんのどんなところにアンテナを立てているかに気づければ、もう大丈夫です。あとは、アンテナを立てる場所を変えるだけです。

わが子の「やさしいところ」「ユニークなところ」「元気なところ」「好きだな〜と感じるところ」など、なんでもOK!一度意識して、”アンテナを立てる”ということを実践してみましょう。

「落ち着きがない」も「元気」や「好奇心旺盛」と捉え直せば、ママ自身の受け取り方が変わってくるはずです。

今日から早速、お子さんに新しいアンテナを立ててみてはいかがでしょうか。きっとたくさんの他の良いところも目に留まるようになるでしょう。

「わが子をどんなふうに見ているか」について、少し意識していただけましたか?子どもの長所を見つけるきっかけになればと思います。

もう1つ、ママ自身が”自分の何にアンテナを立てているか”もとても大切なことです。ご自身のいいところ、素敵なところに目を向けることで、子育てもよりハッピーになるはずですよ。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。