それって食べても大丈夫?恐ろしい添加物食品の実態とは

グルメ・レシピ

突然ですが……私は添加物マニアです。
子どもを妊娠するまでは、好きなものを好きなだけ食べて来ました。(今考えると恐ろしい…)

ですが、妊娠してから口にするものについて猛勉強!すると考えが一変!!
いままでどれほど恐ろしい物を口にしていたのかと、思い知ることになりました。

ことわざで「知らぬが仏」とありますが、もう私達は愛する子供たちを持つ母親。
しっかりと食材について知り、子ども達の健康を支え、子どもの為にも健康で居たいものです。

今日は少しだけですが、私の注意している添加物食品についてお伝えいたします。

保存が効く加工肉全般

加工肉とは市販されているソーセージ、ハム、ベーコン、ウインナー、生ハムの事。
以下の恐ろしい物質が必ずと言っていいほど含まれています。

・リン酸塩(Na) ー リン酸ナトリウム
膨張剤や調味料やPH調整剤として色々な食材に多く使われているリン酸酸は、とり過ぎるとカルシウムや鉄分の吸収が悪くなり骨がもろくなったり貧血を起こすことがあります。

・着色料(赤102) ー タール色素 赤色102号
発がん性があり北欧では使用が禁止されているほど。蕁麻疹を引き起こし体が拒絶反応を起こすことがあります。
 
・ソルビン酸K ー ソルビン酸カリウム
ソルビン酸カリウムは、研究で遺伝子を傷つける毒性があることが証明されているほどです。

・発色剤(亜硝酸Na) ー 亜硝酸ナトリウム
製品の黒ずみを防ぎ、綺麗なピンクの状態に保つこちらの物質は、食品添加物の中では特に急性毒性が非常に強く、魚肉・魚卵・食肉などに含まれる物質が胃の中で結合して発がん性物質に変化することがあるのです…。なんて恐ろしい!

日本人に胃がんになる人が多いのは上記の物を摂取しているからと言われているほどです。
小さな子どもが1日に摂取していいと言われている加工肉の量はなんと、薄〜いハム2〜3枚と言われているほど!私は絶対に買いませんし、必ずネットで100%無添加のソーセージを買うようにしています。

食べるプラスチック?マーガリン

日本ではバターよりも健康的な食材と言われているマーガリンですが、実は"トランス脂肪酸"というものが含まれていて、これが私達にとって猛毒になりかねないのです!

海外では食べるプラスチックと言われている程。
あらゆる研究の結果から、健康のために食べてはいけない食品と断言する人もいるくらいです。

マーガリンはヨーロッパの至る国で販売、製造禁止されており、デンマークではトランス脂肪酸を含む食品の販売禁止、オランダでも毒性食品として扱われているほど。
それでも尚食べ続けられているのは、私たちの住むこの日本だけなのです。
健康被害が分かってからも尚販売され続けるのは何故なのだろう?と疑問を抱きます。

高確率で使われている、カラメル色素

カラメル色素は本当にあらゆる食品に食品されています!
もはや完全に避けることは不可能だと思っています。

ウスターソースや中濃ソースやお好み焼きソースと言ったソース類、またプリンのカラメルソースやカレーのルーやコーラなどと言った濃い色の物には必ずと言っていいほど使われており、美味しそうな色付けをする為に使用されています。

そのカラメル色素にも私達が怯えている発ガン性がある事が報告されています…
なぜこんなにも危険な物を使わないといけないのでしょう。

見た目が悪くてもいいから、安心な物を食べたいのに…。と本当に心から思います。
ですが添加物と私たちの生活は切っても切れない関係にあるのです。

まだまだある!怖い食品…

その他にもまだまだ…きりがありませんが、色を保つ為に薬漬けにされたカット野菜や、白く漂白された野菜やお惣菜、人工甘味料を使ったカロリーオフのものや、薬だらけのジャム、人工的に作られたイクラなどの魚介類、お弁当やお惣菜などについてくる人工的に作られた醤油や子どもたちが食べているお菓子など……

本当に怖いものだらけ!
みじかで売られているもので安全なものなど「ない」と思っていいと思います。

添加物なんてどうして使うのと思いますが、それなりの理由があるのも事実。
切っても切れない関係の添加物と上手く付き合っていきたいものです。

私はこの色々な本を読んで勉強しました!読むと必ずその瞬間から、考えが変わると思います。

食べてはいけない添加物 食べてもいい添加物

¥756

販売サイトをチェック

いかがでしたでしょうか?
まだまだ書きたいのですが、本日は特に危険性が高いと言われるものについて書かせて頂きました。

私は添加物にうるさいので、お菓子はあまり与えないなど、人一倍気をつけています。
もちろん毎日お菓子はあげますが、必ず後ろに表記されてある使用食材一覧に目を通します。

日本人のほとんどがガンで亡くなると言われています。日本は海外よりも添加物が少ないと思っていませんか?
それは大きな間違いで、実は海外よりも登録されてある添加物は多く、海外の方からは添加物大国と言われているようです。

気になさらなかった方は、是非とも愛する家族の為に、食品を購入する際に気を付けてみてはいかがでしょうか?

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。