子育てトラブルを引き起こさないために心得たい4つのこと

子育て・ライフスタイル

子供が生まれると本当毎日が大変ですよね!
でも最近のママは子連れランチを楽しんだり、お友達と出かけたりとアグレッシブな方も多いです。
子連れで出歩くことが悪い事ではありませんが、トラブルになりやすいのも事実。
トラブルを引き起こさないためにも心得ておきたいことを紹介します!

子育てトラブルの心得① ベビーカー問題

引用:www.aprica.jp

ママが小さい子供と出かける時はベビーカーを使用することも多いですよね?
このベビーカーですが、トラブルになりやすい一つです。

トラブルになりやすい事例を挙げてみます。
・ママ友とベビーカーで道を占領して歩く
・通勤ラッシュなどの時間帯にベビーカーを畳まず電車に乗る
・ベビーカーで人を轢く

ママ友と気晴らしに出かけるのは良いですが、2人3人とベビーカー連れで道を占領するのはマナー違反です。
また、通勤ラッシュも特別な理由がなければ避けるのがベスト。ただでさえ混んでる中、ベビーカーに気を遣うのは周りの人も大変です。

また、ベビーカーを我が物顔でひいている人にありがちですが、通行人にぶつかったり、足を轢いてしまったりというトラブルもあります。

子育てトラブルの心得② 飛行機問題

引用:www.kairport.co.jp

今は昔と比べて海外旅行が大変安く行ける時代になりました!!
子供が出来ても海外旅行に行きたい!夏休みはバカンスで♪と考える人も少なくないはず。
赤ちゃんの時に連れて行けば、飛行機代もかからず安く済むのですが、これに関しては意見が分かれている部分です!

飛行機は電車と違い、赤ちゃんが泣きだしても途中下車出来ません。
飛行機を利用する人の中には、仕事で疲れている人もいますし、全員が赤ちゃんに寛容なわけではありません。
飛行機で寝たかったのに赤ちゃんの泣き声で台無しに・・・という意見も度々目にします。
赤ちゃんが泣かなければ良いのですが、気圧の変化もありますし、いつ泣き出すかはわかりません。

赤ちゃん連れで飛行機に乗る場合は、周りの気遣いを忘れずに、泣き出したら必ずあやすこと!

子供が静かに乗れる歳になるまで、海外旅行自体を我慢するべきだという意見も多い事を、忘れずにいましょうね。

子育てトラブルの心得③ カフェ&レストラン問題

引用:hitosara.com

子連れでママ友とランチやお茶♡
楽しみで仕方ないですよね??
実は、カフェ&レストランでもトラブルが起こることがあります。

子連れランチやカフェで起こりがちなトラブルを挙げてみます。
・子連れ向きでない静かな店に子供を連れて行く。
・分離していないソファー席で子供を遊ばせる。
・子供が歩き回ったり、他のテーブルに行く。

静かなお店や落ち着いたお店は、その雰囲気が好きで来店するお客さんが多いです。
そのようなお店に子連れで行くと、子供が泣いたり騒いだりでお店の雰囲気はぶち壊しになります。

高級店は子連れNGとなっている場合も多いですが、NGでなかったとしても、そういう雰囲気のお店には子連れで行かないのがマナーと考えられます。お店選びは慎重に!

また、隣席とつながっている分離していないソファーで子供を遊ばせるのもマナー違反です。
歩いたり、ソファーを叩いたりしたら隣の人にも伝わります。ソファーによだれがつくことも考えられます。

また、歩けるようになった子供にありがちな、お店をうろうろしたり、他のテーブルに行ってしまうという事例。
お店をうろうろするのは非常に危険ですし、他のテーブルに行くことは迷惑行為です。
親のしつけが悪いと捉えられ、文句を言われても仕方ないでしょう。
カフェやレストランでも、周りの人がどう思うかを考えましょうね。

子育てトラブルの心得④ ママの態度

引用:nissay-mirai.jp

子育てが大変なのはある程度周りも理解しています。
しかし、トラブルになる理由の一つにママの態度が挙げられます。

赤ちゃんが泣きだしてしまったり、蹴ってしまったり、騒いでしまったとして、トラブルにならない場合ももちろんありますが、中にはトラブルになる事もあります。

それは、ママが一生懸命あやしていたり、周囲に謝罪していたり、叱っていたりということをしているかしていないか、が大きな要因のようです。

ママが「子供は泣くものだから、騒ぐものだから、子育ては大変だから仕方ないじゃない」という態度でいる場合に、トラブルになりやすいようですよ。

いかがでしたか?
この記事を通して言えるのは、大事なのは周りへの気遣い!
一言「子供が騒いでしまってすみません」などと声がけをするだけでも印象は変わります。
最低限のモラルを守ることは忘れないようにしましょう。