美容や健康にも最適!ビタミンたっぷり♪”かぼす”の使い方

グルメ・レシピ

大分県での生産量98%を占める、かぼす。東京や他の地域でももちろん売られていますが、レモンなどに比べてなかなか使い道が分からないという声をよく聞きます。
ビタミンCやクエン酸もたっぷりなので、料理に使用すると美容や健康にも最適!
今回は、そんなかぼすの使い方などをご紹介。

かぼすの使い方①焼き魚や冷奴には、定番なかぼす。

出典:www.misbit.com

かぼすの使い方で美味しく頂ける定番は、焼きサンマです。

焼いたサンマにかぼすを絞り、それから醤油をかけても良いですし、かぼすだけで食べてもとても美味しいです。

ビタミンたっぷりのかぼすはもちろん、魚の開きやその他の焼き魚にも合います。その場合、魚の身を少しほぐした段階で絞ると、味が浸透して美味ですよ。

そして冷奴にかけるのも、定番な食べ方です。シンプルにネギとかぼすだけで、幸せな気分になれます。

かぼすの使い方②しょうゆに絞って、自家製のかぼすポン酢に。

例えば湯豆腐や水炊きなどのお鍋を食べる時、しょうゆを入れた小皿にかぼすを十分に絞ってください。

即席のかぼすポン酢になります。
適度なかぼすの酸っぱさと良い香り、そこにしょうゆがとてもマッチします。

この食べ方は、たくさんかぼす果汁を摂ることが出来るので、ビタミンCやクエン酸をたくさん摂取できますね。ぜひお試しを。

かぼすの使い方③麦焼酎の水割りとかぼすは、相性バツグン!

男性必見!ビタミン豊富のかぼすは、お料理以外にお酒とも相性がとても良いです。

特に麦焼酎は、かぼすの香りを引き立てますし、お酒の良さを邪魔しません。なので、芋焼酎よりも麦をおすすめします。

水割りや炭酸で割って、かぼすサワーにしても良いですし、ロックに絞るのもオススメです。その際、かぼすの種は入ってしまっても全然問題ありませんよ(笑)

かぼすの使い方④保存は、製氷器に絞って冷凍出来る!

かぼすを大量にいただいたり、まとめて購入することもあるかもしれません。

でも、使い切れなかったりそのまま傷んでしまうのは、勿体なかったりしますよね。

そんな時は、ぜひ製氷器を利用してみてください。かぼすを絞って凍らせるのです。使用する時も、一個ずつ利用できるので、とても便利。使いたい分だけ、解凍してみてください。

いかがでしたか?他にもかぼすは味噌汁に絞ったり、ほうれん草のおひたしにかけたりなど、様々なお料理に使用できます。
もしご家庭で使う機会があったら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。