髪にもゴールデンタイムが?!毎日のお手入れにプラスしたいヘアケア

美容

新常識!お肌だけでなく、髪の毛にもゴールデンタイムがあったのです。
普段、何気無くお手入れしている方、今日からもう少しだけヘアケアを意識してみませんか?乾燥に負けないよう、うるうるヘアーを手に入れましょう!

髪のゴールデンタイムって?

お肌には、シンデレラタイムやゴールデンタイムがあると言いますよね。

でも実は、お肌だけではなく髪の毛にもそれが当てはまるんです!
時間帯は22時〜2時頃まで。髪の成長を促す成長ホルモンが多く分泌されるそう♪だからこそ、きちんとヘアケアをしてから寝ることが大切です。

夜シャンプーで汚れをしっかり落とすことで、トリートメントが浸透しやすくなるのですが、睡眠中にケアの効果を高めるには、ちょっとしたお手入れをプラスするのがポイントなんですよ。

毎日のお手入れにプラスしたいヘアケア①優しくタオルドライ

出典:www.tudoavercara.com

時間がない女性たちにとって、夜の一分一秒はとても大切なもの。早く髪を乾かしたいがために、がしゃがしゃとタオルドライしてしまう人がいます。

でもそれって、髪のキューティクルをすごく傷めてしまっているんですよ。美髪のための第一歩は、優しいタオルドライにあります!

まず、大きくて吸収性の良いふかふかのタオルを用意しましょう。そのタオルで頭を覆ったら、指の腹でマッサージするように、地肌の水分を吸収します。

そしてタオルで毛先を挟み、軽く叩きながら水分を吸収しましょう。そうすることで、キューティクルを傷つけずに乾かすことができますよ。

毎日のお手入れにプラスしたいヘアケア②ドライヤーの使い方

ドライヤーを使う時間が長ければ長いほど、髪は傷みます。だからといって、半乾きのまま寝てしまうと、髪が大変なことに。

効率よく短時間で乾かすのが美髪への近道です!そのためには、ドライヤーの使い方が大切なんですよ。

髪はどこから乾かしてもいい、ということではありません。
まずは根元から乾かしましょう。この時、ドライヤーを後ろ側に持ち、後ろから前に風を送るようにしてくださいね。

毛流れに沿って乾かすことで、乾かし過ぎの防止になります。全体が乾いてきたら、風量を弱めることも忘れずに♡

毎日のお手入れにプラスしたいヘアケア③ブラッシング

最後は、ブラッシングです。

毛の流れが整っていない状態で寝てしまうと、朝に寝癖がついているだけでなく、キューティクルを傷つけることになってしまいます。余計な摩擦を生まないためにも、丁寧なブラッシングで髪の絡まりをとってから、寝ることを心がけましょう♪

またブラッシングすることで、頭皮の血行が良くなるので、安眠効果もありますよ。優しい天然素材のブラシが様々なブランドから出ていますので、自分の頭皮の状態にあったものを探しましょう!

いかがでしたか?毎日実践できるくらい簡単なヘアケアのお手入れ方法をご紹介しました。ちょっと手間をかけるだけで、綺麗な髪を手に入れることができるんです♡髪のゴールデンタイムを有効活用して、お肌と共に髪も労ってくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。