日常生活にちょこっとプラス♪ながらトレーニングで美ボディに!

美容

体の痛みや疲れなどの症状は、日常生活のちょっとしたことから起こります。仕事や生活習慣は人それぞれ違いますが、気づかないうちに持っているご自分のクセが、肩こり、腰痛、頭痛、慢性疲労などの症状を引き起こしているかもしれません。

これらの症状を改善すると、ダイエットや美容効果にもつながります。みなさんの体をいつまでも若々しく保てる、美ボディになれる"ながらトレーニング"をご紹介します。

日常生活にちょこっとプラス♪ながらトレーニングで美ボディに!①指歩きでスレンダーに

日本人は昔、下駄や草履を履いて暮らしていたので、無意識に足の指を上手く動かして鼻緒を掴んでいました。現代では欧米化が進み、靴やスリッパを履いて生活するようになり、足の指を上手くコントロールできない方が増えています。

足裏はアーチ状になっていて、本来は指・土踏まず・かかとの3点に体重が分散することで、バランス良く歩くことができます。

しかし、多くの方は指が浮き、指の付け根・かかとの2点に全体重が乗り、不安定なまま生活をしています。そのため、体の重心がズレて体全体に歪みが生じ、肩こりや腰痛などを引き起こします。

帰宅して靴を脱いだら、足の指をしっかり動かしてみませんか?意識して足の指を動かすことで、血行が良くなり、冷え症の改善やリラックス効果が高まります。

足指歩きは体が柔軟になり、足裏3点に均等に重心がかかるので、体幹バランスが整い、不調や慢性疲労が改善されて美しいボディラインが手に入りますよ♡

【浮き指改善エクササイズ】
①足指グーパー
足の指をギュッと握り、大きく開く。
②足指歩き
足の指で床を掴む様にして小刻みに歩く。

※浮き指は現代病とも言われ、お子さんの浮き指も問題視されています。良く転んだり、下半身がフラフラしているお子さんは注意が必要です。親子で楽しく足ジャンケンをするのも、オススメですよ。

日常生活にちょこっとプラス♪ながらトレーニングで美ボディに!②トイレで膣トレ

骨盤底筋という筋肉をご存知ですか?骨盤底筋を鍛えると、女性にとってプラスの効果がたくさんあるのです。簡単に言うと膣トレです。

パートナーとの営みにはもちろん、出産後にほとんどの女性が経験する尿漏れや膣のゆるみの改善、加齢により起こる尿漏れや頻尿の対策もできる骨盤底筋のトレーニングは、年齢に関係なく、全ての女性に役立ちます。

更に、骨盤底筋のトレーニングは背筋がピンと伸びた姿勢を保ちやすく、下腹部の引き締めなど、ボディラインにも良い影響を与えてくれますよ。

①排尿時に尿を切るように止め、尿を3回位に分ける。
②お尻の穴をキュッとしめて、尿道を絞めながら膣を引き上げるイメージで力を入れる。(20秒位かけゆっくり行い、脱力しながら10秒休む。これを数回繰り返す。)

いつでもどこでも簡単にできますが、トイレに行った時に行うクセをつけておくと、うっかり忘れることなく続けられますね。

日常生活にちょこっとプラス♪ながらトレーニングで美ボディに!③レギンス入浴で美脚

湯船に浸かって全身をしっかり温めると、血液の循環が良くなり、新陳代謝が高まって美肌などの美容効果に繋がります。

ただ湯船に浸かるのもいいですが、着圧ソックスや着圧レギンスを履いて湯船に浸かる【レギンス入浴】が、いま話題になっています。むくみが取れて、ダイエット効果抜群!

このレギンス入浴の際にセルフマッサージを加えると、エステで行う脂肪やセルライトの除去と同じ位の効果が現れます。とても簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。

【レギンス入浴で美脚エステ】
①手の親指と人差し指のアーチを足の内くるぶしにはめ込み、セルライトを絞り上げるようにヒザを通過して、鼠径部(Vライン)に向かってリンパを流す。
②両手の親指を合わせて、足首からヒザ裏にかけて揉む。(ヒザ裏は優しく)
③手と足の指をつなぎ、足の指の間をギュッと握り刺激し、そのまま足首を回したり伸ばしたりとストレッチをする。

※セルライトには、揉みほぐし→つまんで引っ張る→ストレッチ、この3つを組み合わせると効果が高まります。

日常生活にちょこっとプラス♪ながらトレーニングで美ボディに!④巻き肩改善でバストアップ

パソコンやスマホの普及により、猫背や巻き肩(横から見ると肩が前に巻き込まれている姿勢)になる方が増えています。

巻き肩の原因は、姿勢の悪さというよりは、姿勢をキープする筋肉(背中や足の付け根の筋肉)の衰えからなってしまうことが多いのです。この筋肉が衰えると、本来バランスを取っているS字の背骨が歪み、肩が前に出てしまいます。

巻き肩の方は、背筋を伸ばすことだけを意識して反り腰になっては逆効果なので、気を付けてくださいね。

・バストが下がってきた
・二の腕や背中に脂肪がついてきた
・目の下のクマが気になる

最近、特にこれらの症状が気になる方は、巻き肩かもしれません。肩甲骨を柔軟にし、巻き肩を改善すると、バストの位置が上がり、デコルテラインがスッキリします。また、顔の血色が良くなるので、顔の印象や見た目年齢が若々しくなりますよ。

【巻き肩改善エクササイズ】
①開いた扉の中央に立ち、扉の両隅を持ち、顔をゆっくり反らせながら足だけを一歩前進する。肩甲骨が痛気持ち良いと感じたら、30秒~60秒キープする。
②大きく息を吸い、胸を張りながら、あごをひいたら、両手のひらを合わせる合掌のポーズを背中側で行い、そのまま30秒キープする。

日常生活に少しプラスする、ながらトレーニングを4つご紹介しました。

意識しないと、体はどんどん衰えてきます。トレーナーをつけたり、ジム通いをすることは、お金や時間を費やすのでなかなか継続が難しいものです。しかし、食事をするのと同じようにエクササイズが日常的になれば、きっと長く続けられますよね。

いつまでも若々しくいられるように、ながらトレーニングを取り入れて、美ボディを目指してみてはいかがですか?

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。