「ママ友が欲しい!」オススメのきっかけ作りをアドバイス

「ママ友が欲しい!」オススメのきっかけ作りをアドバイス

初めての育児は初めてのことだらけで、毎日どうしたらいいのか迷いますよね。
「すぐ聞きたいのに聞ける人がいない!」そんな時、同じ年頃のお子さんを持つママと友達になれば、悩みを相談したり、自分のやっていることに自信を持つことができるでしょう。

仲良しのママ友はどうやって作るといいのでしょうか?今回はママ友が欲しいなと思っている方へおすすめのきっかけ作りについてお伝えします。

”ママ友が欲しい”きっかけ作りはどうしたら?①なにかと安心できる存在

「こんなことをしているのは、うちの子どもだけなのかしら?」
「自分の子育ては間違っていないかしら?」
「同じ時期の子どもは、自分の子どもと同じような様子なのかしら?」

他のママさんはどうやって子どもを育てているのか、いつでも不安や悩みは尽きませんよね。育児書やインターネットで調べても、ママ自身の孤独感はなかなかなくならないのではないでしょうか。

そんな時、ママ友は貴重で大きな存在になります。

”ママ友が欲しい”きっかけ作りはどうしたら?②近くの公園や遊び場で出会うママ

公園など家の近所で知り合うママは、当然色々な価値観の方がいらっしゃいます。偶然住んでいるところが近いだけで、同じ場所で遊んでいるだけのことです。

後々小学校も同じかもしれないと考えると仲良くしたいところですが、気が進まなかったり、雰囲気が自分の価値観と合わなかったりするようなら、挨拶やお天気の話ぐらいにしておいた方がいいかもしれません。

”ママ友が欲しい”きっかけ作りはどうしたら?③親友とは違う、と考える

「友」と付いているからと「仲良しにならなくてはいけない」「仲良しになれるはず」と思う方が多いと思いますが、それがなかなか難しい場合もあります。

なぜならば、ママ友は「友達」ではなく「職場の同僚」のようなものだからです。つまり、同じ仕事(子育て)に取り組む仲間が集まった集団のメンバーがママ友なのです。

パートタイムでスーパーマーケットのレジ係をしたからといって、全てのレジ係の人と心底仲良しになれるわけではありませんよね。

ただ、同じ職場の人ですから気が合わない人とも仕事上の話はするわけで、それが子育てママであれば子どもの話をするのと似ているのです。

”ママ友が欲しい”きっかけ作りはどうしたら?④同じ趣味志向・価値観の中で探そう!

ママ友作りは、コミュニティや公民館、私的な子育てサークル参加やピアノ、体操教室、スイミングスクールなどの習い事でするのがオススメです。

単なる遊びではなく、その場所に集まるママには共通の価値観や指向性があることが多いので、本当の友達になりやすいのです。

もしママ同士の関係が気まずくなった時も所属団体の第三者に相談できますし、距離感を保ちやすいでしょう。近所でないことが多いため、子どもの学校の仲間関係にまで影響が出にくいのもいいですね。
「ママ友が欲しい!」という方に向けたきっかけ作りについてご紹介しました。
小さなお子さんの子育てをしているママにとって、ママ友の存在は安心感につながります。うまくいけば、共に子育てを頑張っている戦友のように仲良くなることができます。

しかし、お互いにストレスフルな子育て期を送っていますから、トラブルにならないとも限りません。子どもが小さい間は、子ども中心の生活の日々だと思いますが、可能であれば子どもを介した友達ではなく、自分の趣味仲間や自分の学生時代に出来た仲間の中で、子どもを育てている人との付き合いがいいかもしれません。子どもではなく自分中心で出来た仲間なので、その人たちとは気が合うはずですよ。

ママ友 欲しい きっかけ 公園 子育て 習いごと コミュニティセンター

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

東 ちひろ/子育て心理学協会

東 ちひろ(ひがし ちひろ)

【肩書き】
子育て心理学協会 代表理事

>もっとみる