新たに「106万円の壁」!?パートタイムの賢い働き方とは

子育て・ライフスタイル

今までに、ご主人の扶養の範囲内に収まらないといけないという理由でパートタイムの勤務時間を短くしたり、急にシフトを休みにしてもらったりしたことがある方も、多いのではないでしょうか?

2016年の10月から、社会保険(厚生年金・健康保険)の加入基準が変わりました。

「106万円の壁」とも呼ばれていますが、心配ありません。制度を知ることで、106万円の壁もこわくなくなります。

それでは、今の働き方に与える影響を考えてみましょう。

よく聞く「103万円の壁」・「130万円の壁」って?

パートタイムで働いていると、「103万円の壁」や「130万円の壁」といったワードが話題に上がってくると思います。

なんとなくは知っているけれど……という方のために、簡単におさらいしておきましょう。

収入が103万円を超えると、所得税を払うようになります。そして、収入が130万円以上になると、ご主人の扶養を外れて社会保険料を払うようになります。

ご主人の扶養の範囲内で収まっているので、「103万円の壁」や「130万円の壁」と呼ばれています。

「106万円の壁」って?どう変わったの?

さて、本題の変更点についても解説しましょう。

1. 従業員が501名以上の会社
2. 年収106万円以上(月収で8万8000円以上)
3. 働く時間が1週間で20時間以上
4. 働く期間が1年以上見込まれる

4つ全てに当てはまる方は、「106万円」が新たな基準となります。1つでも当てはまらないと加入基準は変わらず、今のままです。

例えば、10月から月8万8000円の収入があった場合、社会保険料、約1万3500円(厚生年金8909円、健康保険4430円)の支払いが発生します。(大阪府の場合)

「え?今よりも支出が多くなるじゃない。どうしたらいいの?」と言う声も聞こえてきそうですが、確かに収入の面から考えると、手取り額は減ってしまいます。

では、社会保険に加入するメリットはないのでしょうか。

「106万円の壁」を超えそう……社会保険に加入するメリットって?

「106万円の壁」を超えて、社会保険に加入することになった場合には、3つのメリットがあります。

1.将来もらえる年金が増える

例:月収8万8000円の方が20年加入すると、年金額が11万5800円増えます。受け取り開始の65歳から平均余命の87歳まで年金をもらった場合、約255万円増えることになります。

2.ケガや出産などで働けない期間に賃金の約3分の2の給付がもらえる

3.障害がある状態になった場合なども、より多くの年金がもらえる

さらに、ご主人が自営業の場合は自分で国民年金を払っているので、社会保険に加入すると家計の負担が減ります。

手取り額が減るのは見過ごせないことではありますが、壁を越えて働くというのは、賢い働き方だと思います。

老後の年金が増やせますし、稼いだお金をマイホーム購入の頭金や、こどもの教育資金の準備にあてることもできます。

「106万円の壁」を機会に、将来のための働き方を考えてみてはいかがでしょうか。