気になる汗のにおいを食べるだけで解消!夏に嬉しいとっておきレシピ

グルメ・レシピ

夏もいよいよ終盤を迎えますが、まだまだ蒸し暑いこの時期に気になるのは、大量の汗!

汗をかくと、独特なにおいが気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、食べるだけで汗のにおいを抑えてくれる食材を使った、とっておきのレシピをご紹介します♡

汗のにおいを抑えてくれる食材① 乳酸の発生を防ぐ「海藻」「きのこ」

夏になると大量の汗をかき、一日に何度も着替えが必要になってしまうこともありますよね。

実はあの汗。食べ物が主な原因だったということをご存知でしたか?

汗のにおいは、食べ物が腸内で分解され、その後血液として運ばれていく過程で汗と共に放出されます。

つまり、食べる物を工夫していれば、汗のにおいを抑えることができるのです!

汗の酸っぱいにおいの原因となるのが、乳酸です。この乳酸の発生を抑えることが、汗のにおいを軽減する第一歩。

乳酸を抑える効能を持つ海藻類やきのこを摂取すると、気になる嫌なにおいを抑えられるようになりますよ。

出典:www.recipe-blog.jp

乳酸を抑える効能を持つ、海藻類やきのこを使ったレシピをご紹介します。

まずご紹介するのは「きのことわかめのペペロンチーノ」。

なんとこの一品で、きのことわかめの両方が摂取できる嬉しいレシピ♡

ペペロンチーノのピリ辛と相まって、食欲を失いがちな夏でもつい食が進んでしまう美味しさです。

「きのことわかめのペペロンチーノ」レシピはこちら

出典:www.recipe-blog.jp

お次は「乾物でキノコリゾット」です。

とろろ昆布とひじき、干ししいたけを使って作るリゾットは、時短で仕上げられるうえに風味が豊かで、子供も喜んで食べてくれますよ。

乾物は調理が大変と思いがちですが、リゾットにしてしまえば水で戻す手間も省けるので便利ですよ♡

「乾物でキノコリゾット」レシピはこちら

出典:www.recipe-blog.jp

こちらの「えのきとわかめの旨スープ」も、海藻類ときのこの両方をいっぺんに摂取できるレシピ。

和食でも洋食でも相性がよいので、毎日お味噌汁続きになってしまった時などにも活用できます。

万能ねぎを散らすことで、見た目も美しく仕上がりますよ♡

「えのきとわかめの旨スープ」レシピはこちら

汗のにおいを抑えてくれる食材② 酸化したにおいを防ぐ「緑黄色野菜」

ピーマンやトマト、カボチャなどのいわゆる「緑黄色野菜」には、抗酸化作用のある栄養素が豊富に含まれています。

緑黄色野菜に含まれているビタミンA・C・Eや、ポリフェノールなどの抗酸化作用のある栄養素を摂取することで、酸化した皮脂のにおいを防いでくれます。

栄養満点なうえに汗のにおいも抑えられるなんて、まさに一石二鳥の食材ですよね。

出典:www.recipe-blog.jp

なんと15分で完成して、なおかつ子供にも好評な味付けが嬉しいレシピをご紹介します。

「カボチャのオイマヨ炒め」は、ご飯との相性も抜群!

「オイマヨ」というネーミングの通り、オイスターソースとマヨネーズを組み合わせたコクのある味が食べやすくて、どんどんお箸が進んでしまうはずです♪

「カボチャのオイマヨ炒め」レシピはこちら

出典:www.recipe-blog.jp

夏の旬野菜であるトマトは、そのまま食べる以外に、アレンジをするのが難しいですよね。

"焼きトマト"を使った「焼きトマトの冷製キムチ風味」は、冷たくピリ辛な味付けがお酒のお供にもピッタリな一品。

焼きトマトとはいっても、オーブンを使って調理をするので、簡単で特別なテクニック不要です♪

「焼きトマトの冷製キムチ風味」レシピはこちら

出典:www.recipe-blog.jp

夏野菜を使ったレシピは、今の季節にたくさん楽しんでおきたいですよね♡

とはいえ、夏野菜の代表・ピーマンが苦手なお子さんも多いのではないでしょうか。

「茄子とピーマンの肉みそ」は、ひき肉を使った甘じょっぱいみそ味が親しみやすい味わいで、ピーマンが苦手な子供でも美味しく食べてくれるはず。

「お夕飯に、あと一品足りない!」そんな時にぜひ、取り入れてみてほしいレシピです。

「茄子とピーマンの肉みそ」レシピはこちら

汗のにおいを抑えてくれる食材③ におい物質を排出させる「発酵食品」

発酵食品と呼ばれる納豆や味噌、キムチなどは、腸内環境を整えてくれる効果がある食材。

腸内環境を整えることで悪玉菌の減少が期待でき、におい成分が腸で発生することを防いでくれるのです。

毎日ご飯に納豆をかけて食べるのも良いですが、もっとバリエーション豊富なレシピが知りたいですよね♡

早速、発酵食品を使ったレシピをご紹介します。

出典:www.recipe-blog.jp

脇役になりがちな納豆も、メインメニューに取り入れることができます。

「長芋ステーキ〜納豆のせ」は、子供も大好きなネバネバ食材同士を組み合わせたレシピ。

家族みんなに喜んでもらえること間違いなしの健康レシピです!

長芋は焼いて使用するので香ばしく、風味も豊かですよ。

「長芋ステーキ〜納豆のせ」レシピはこちら

出典:www.recipe-blog.jp

納豆は、そのまま食べるよりも大根おろしと組み合わせると、サッパリして食べやすさが増します。

「ほうれん草とおろし納豆」は、緑黄色野菜であるほうれん草も一緒に摂取できるので、栄養満点です。

ご飯の付け合わせにもピッタリですよね。

「ほうれん草とおろし納豆」レシピはこちら

出典:www.recipe-blog.jp

「油揚げのみょうが味噌のせ」は、ミョウガと味噌の組み合わせが癖になるレシピです。

ご主人との晩酌のお供にもピッタリ♡

見た目もオシャレなので、ホームパーティーの際にも重宝するはず。

「油揚げのみょうが味噌のせ」レシピはこちら

食べるだけで汗のにおいを抑えることができるなんて、驚きですよね!

どれも汗のにおいを抑えるだけではなく栄養価も高いので、積極的に取り入れてみてください♪