親子の絆が深まる♡ねんね期の赤ちゃんとの遊び方♪

子育て・ライフスタイル

新米ママさんにとって1番の悩みは、赤ちゃんとのスキンシップのとり方ですよね。
どこまで強く触れていいのか疑問に思うことってありますよね。
今回は、ねんね期の赤ちゃんとの遊び方の例をご紹介します。

ねんね期の赤ちゃんとの遊び方① 遊びは大切♡

寝返りも打てない小さな赤ちゃんにとっても、遊びはとても大切です。
たくさん語りかけてあげたり笑いかけてあげることで、赤ちゃんの心がぐんぐんと成長します。

まだ生まれたばかりの小さな赤ちゃんにとって、日常生活の中で起こる事全てが「遊び」になります。

今回は、そんな赤ちゃんとの簡単な遊び方についてご紹介します。

ねんね期の赤ちゃんとの遊び方② さわるだけでOK!

実はおもちゃを使って遊んだり、絵本を読んであげたり……という遊びよりも、お母さんの手で赤ちゃんの体にタッチすることが何よりもの遊びになるんです。

お母さんと肌と肌が触れ合うことが、小さな赤ちゃんにとって1番の安心材料なんです。ふれ合うときは必ず、赤ちゃんに語りかけながら体に触れてください。

そうすることでお母さんの声を認識し、お母さんのことが大好きになりますよ♡

ねんね期の赤ちゃんとの遊び方③ ポイントは?

ただ闇雲に語りかけながら触れ続けるのではなく、語りかけ方にもポイントがあります。

まずは赤ちゃんの目を見て、ゆっくりと語り掛けることを心がけてください。そうすることで赤ちゃんは、とても心地良い気分になり、親子の絆が深まります。

次にはっきりゆっくりと発音をし、笑顔で優しく話しかけてあげてください。

体に触れるときは、赤ちゃんの様子を見ながら、無理をせず力を入れすぎないようにしてくださいね。

ねんね期の赤ちゃんとの遊び方④ 効果は?♡

体を自由に動かすことができない低月齢の赤ちゃんは、パパやママと直接触れ合うことのできるこの遊びを続けることによって、安心感と愛情を感じることができます。

毎日の生活の中に、体を動かし触れ合いながら楽しめるような遊びを取り入れれば、おのずと運動能力も高まります。

何をして遊んであげたらいいかわからない……というお母さんは、まずは赤ちゃんの体に優しくタッチをしてあげてみてください。きっと喜んでくれますよ♡

いかがでしたでしょうか?
難しいことは考えずに、まずはタッチをしてあげて、マッサージをする気分で赤ちゃんと触れ合うことを大切にしましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。