ママ友とトラブルにならない上手な付き合い方とは?

子育て・ライフスタイル

何かと不安なことが多い育児について、近くで相談できる人がいると良いですよね。ママ友がいれば、育児の悩みを相談できるので心強いと思います。

しかし、場合によっては子どもを通じた関係を超えて自分の生活時間を制限したり、プライベートを脅かしたりとトラブルになることもあります。ママ友と上手に付き合うには、どうしたらいいのでしょうか?

ママ友とトラブルにならない上手な付き合い方〈遠くの親戚より、近くのママ友〉

育児をしていると、その時その時に悩みや相談したい内容が出てくるものです。

また、自分の育児のやり方はそのままでいいのか不安になったり悩んだりすることもあると思います。旦那様や親に相談できる状況でない場合もありますよね。

不安や悩みがある時は、同じように子育てをしているママに話すと、安心したり納得したりできると思います。悩みや不安を共有できるママ友がいると、自分の育児に自信を持つことができますし、育児が何倍も楽しくなります。

ママ友とトラブルにならない上手な付き合い方〈ママ友とは多くの時間を共有することに〉

お子さん自身は小さい頃は一人で遊んでいても困ってはいませんが、ママは「早く子どもに友達が出来て、仲良く遊んでほしい」と思うかもしれません。

同じ公園で遊んでいるお子さんを待っている間に、同じように見守っているママ同士が知り合いになって「ママ友」の始まりになります。同じ時間を共有するママたちのグループに入ることもあるかもしれません。

ママたちのグループに入ると、子どもを連れて一緒に遊びに行ったり、お食事会に誘われたり、ママ友と多くの時間を共有することになります。

ママ友とトラブルにならない上手な付き合い方〈ママ友とのトラブル〉

ママ友についての悩みやトラブルは、意外と多いものです。

仲良くなるために自分のプライベートについて話したことがいつの間にか広まっていたり、住んでいる家、持ち物、生活の様子、旦那様のことなど軽い気持ちで話したことが、ママ友に"妬み"や"そねみ"などのマイナスの感情を持たせてしまうこともあります。

またママ友グループに対して、いじめに似た疎外感を持つこともあるかもしれません。ちょうど学生の頃、女の子同士で感じた友人関係がよみがえってくることもあるでしょう。

ママ友とトラブルにならない上手な付き合い方〈自分らしい子育て、生き方を〉

ママ友と一生付き合う必要はありません。割り切って付き合うことにしましょう。

自分のプライベートを根掘り葉掘り聞いてきたり、自分の時間を制限される程干渉してくるママ友とは、早い時期に距離をおいた方がいいかもしれません。

それによりあなたのことを「あの人は付き合いが悪い」と言われても、早くに距離を置けばダメージは少なくて済むはずです。周りの人もその方がどんな人なのか分かっているはずなので、きっとあなたの事を理解してくれるでしょう。

子育てに正解はありません。あなたなりの子育てでいいのです。お子さんの成長も誰かと比べるのでなく、あなたなりに見守っていきましょう。

ママ友とトラブルにならない上手な付き合い方をご紹介しました。ママ友と付き合う際は、ママ友との距離感を上手にとることが大切です。

一生付き合えるようなママ自身のお友達になることができれば良いかもしれませんが、ママにとって負担になるような場合、お子さん同士もあまり良くない関係になっていくことが多いようです。

そしてプライベートなことは話さず聞かず、自分の時間を制限されることがない付き合い方をすると良いでしょう。断る勇気も大切です。もしその時一人になったとしても、他に必ず同じ価値観のママ友がいるはずです。ママもお子さんもハッピーになれるよう、自信を持って子育てをしましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。