春イベントの新定番!今年の春は「イースター」を楽しんでみよう♡

子育て・ライフスタイル

新生活が始まり、新しいママ友、気の置けない友人や家族で集まる機会も増える春。

そんなシーンを楽しむイベントのひとつとして最近注目されているのが、「イースター」。あまり日本では馴染みのないイベントですが、2017年は、SNSなどでも話題となっているようです。

ディズニーリゾートの「ディズニー・イースター」や、タマゴ料理を楽しんだり、イースター関連お菓子を食べたりなど、イースターを楽しんでいる人が続出している様子!

そこで今回は、「イースター」を気軽に楽しむ方法をご紹介します♡

イースターグッズが続々と登場♡

Instagram(インスタグラム)を覗いてみると、様々なイースター関連グッズが登場しています。

プチプラアイテムなら、ちょっとしたホームパーティーなどで気軽に取り入れることができそうですね♡

まずご紹介するのは、イースターイベントに欠かせない「うさみみ」。

ふわふわモコモコの質感がキュートな、3COINS(スリーコインズ)のうさみみカチューシャは、春のイースターはもちろん、ハロウィンなどでも活用できそうですね!

同じく3COINSの「イースターハニカムペーパー飾りセット」は、折りたたんで収納しておくことができるので、また翌年も綺麗な状態で使えるのが嬉しいところ♡

イースターエッグや、お花つきの芝生を飾るだけでも、イースターの雰囲気を楽しめそうです。

Flying Tiger Copenhagen(フライング タイガー コペンハーゲン)では、イースター風のピクニックアイテムが揃っています。

春らしいダスティなパステルトーンが可愛いですね♡

ポカポカ陽気の日に楽しむピクニックはもちろん、いつものお弁当に取り入れるだけでも、イースターのイベント気分を味わえそうです。

定番のタマゴ料理も「イースター」仕様に♪

Instagramを覗いてみると、イースターを春の気軽なイベントとして楽しんでいる方も多く見られます♪

イースターといえば、"タマゴ"。いつものタマゴ料理に春らしいカラフルさをプラスするだけで、イースターらしくドレスアップすることができそうです。

「yukitakao0202」さんは、うずらの卵に色付けしたものをトッピングに活用したアイデアを紹介されています。

キュートなカップにポテトサラダを詰めて、鳥の巣に見立てたベビースターをトッピングし、ブロッコリーと色付けしたうずらの卵で飾れば、イースター風ポテトサラダに♡

テーブルを彩るカラフルさに、持ち寄りパーティーの注目の的となりそうですね!

「rierinrin3」さんは、朝ごはんのおにぎりをイースター風に♡

桜でんぶ、炒りタマゴ、のり塩をそれぞれ混ぜたご飯を、タマゴ型に握って並べるだけで、いつもの定番おにぎりもイースターっぽく変身!

これならすぐに真似できて、朝から楽しい気分になれそうですね。

参考にしたい♡プロの「イースターパーティー」アイデア

引用:prtimes.jp

春を味わうイベントとして、イースター・パーティーをお家で楽しんでみたい!という方は、プロのアイデアも参考にしてみてはいかがでしょうか。

簡単に真似できそうなだけでなく、思わずSNSでシェアしたくなるようなフォトジェニックなイースター・パーティーを提案する、プロ達の手作りアイデアをご紹介します。

春のイースター・パーティーアイデア:簡単!ナプキンで作るイースターバニー

Tokyo Flamingo代表、パーティースタイリストの久林紘子さんが提案されているのが、テーブルコーディネートに欠かせないナプキンを活用したアイデア。

動画にならってナプキンを折るだけで、イベント気分をアップさせる「イースターバニー」が完成!

お子さんと一緒に、折り紙感覚で楽しみながら作ってみるのも良いですね♪

Tokyo Flamingo

春のイースター・パーティーアイデア:エッグミルフィーユピザ

こちらは、華やかなケータリングがオシャレな人の間で大人気の「#幸也飯」こと寺井幸也さんによる、イースターパーティーにぴったりなタマゴ料理レシピ。

薄焼きタマゴを数枚焼いて、ミートソース、ベーコン、チーズを重ねてミルフィーユのように見立てた、フォトジェニックな一品♡

子どもはもちろん、男性にも喜ばれそうな、簡単なのに豪華に見えるおすすめレシピです。

イベント時期だけでなく、ちょっとしたおもてなしシーンにも活用できそうですね。

幸也飯

いかがでしたか?

2017年のイースターは、4月16日の日曜日♡

ぜひ今年は、家族や友人と、春の新イベントとして「イースター・パーティー」を楽しんでみてはいかがでしょうか?