経験者が教える!《子連れ映画鑑賞》を成功させるコツとは?

子育て・ライフスタイル

夏休み真っ盛りの今、猛暑を避けながらのお出かけ先として安定の人気を誇るのが「映画館」です。

子供向けのアニメ映画がたくさん公開されるこの時期に、映画館へのお出かけを検討されているママも多いのではないでしょうか?

とは言え、まだ小さい子供と映画館に行っても、騒いだり散らかしたりしたらどうしよう……と不安になり、なかなか1歩を踏み出せないママも多いと聞きます。

そこで今回は、2歳の頃に初めて映画館に子供を連れて行き、最近ではアニメ映画が公開される度に親子で映画鑑賞をしている私が、子連れでの映画鑑賞を成功させるコツをお伝えします。

子連れ映画鑑賞のコツ①年齢別の作品選びが重要!

出典:www.disney.co.jp

「子供と映画に行こうかな」と考えた場合、作品選びはとても重要です。

年齢や性格によって、静かにできる時間や物ごとの聞き分けが変わります。

ママが子供の性格や趣向をよく把握し、その子にあった作品を選ぶことが映画鑑賞成功の秘訣の1つ。

時間は長すぎないか・内容は難しすぎないか・実写なのかアニメなのかなどを判断基準にすると、選択しやすいですね。

初めての映画館デビューは、2歳からチケットが有料となっているアンパンマンの映画をチョイスすると、周囲もチョロチョロしたり、声を出したりする子供たちが多いので、比較的にいろいろと気にせずに楽しめます。

子供達が頑張るアンパンマンに向かって「ガンバレー」と言ったり、キャラクターのダンスをするシーンもあるので飽きずに見られますし、映画デビューにはぴったりの作品です。

アンパンマンで自信を付けたら、次はアニメ映画へ……とステップアップするとスムーズでしょう。

例えば、同じディズニー映画でも「ファインディング・ドリー」は夢中だったけれど「ズートピア」は難しかった、「シンデレラ」などの実写版は途中で飽きてしまうなど、子供によって意見や感想・感じ方も違うので、できるだけ適切な作品を選びましょう♪

子連れ映画鑑賞のコツ②いざ劇場へ!何を準備したらいい?

まだ小さい子供と映画に行くときは、できるだけ入念に準備をしておくと、いろいろなハプニングにも対応できます。

例えば、飲み物。暗闇の中で飲むので、劇場で売っているジュースを買って飲ませると、こぼしたり、「氷食べたい」と言ってきたりと細かいお世話が増えることも……。

水筒やペットボトル飲料、紙パック入りのジュースを持参するのがオススメです。ストロー付きマグを持参して、映画がスタートする前に分けておいてもスムーズです。

また、ポップコーンは高い確率でこぼすので、ジュースの紙コップなどを余計に貰い、ポップコーン入れにする裏技もあります。

次に、体温調節です。夏場は、冷房などで意外に冷えることもあるので、羽織りものを1枚持参しましょう。劇場に用意してあるブランケットを使用しても良いですね。

「暑すぎる・寒すぎる」と言った生理的感覚が不快だと、子供もぐずりやすくなるので、季節問わず、体温調節には気を使ってあげると良いですよ。

そして最後に、お手洗い事情です。

上映前にお手洗いに行くのは基本ですが、飲み物を飲ませすぎてしまうとトイレに行きたくなる場合も多く、私もクライマックスで席を立った経験が何度もあります。

トイレトレーニング中やオムツが取れかけの子供の場合、念のためオムツは持参した方が安心です。

いかがでしたか?

事前の作品選びと入念な準備で、ママも子供も親子で楽しく、映画鑑賞ができたら良いですよね。

開催している場所は限られますが、「ママズクラブシアター」と呼ばれる赤ちゃん連れOKの映画館や、ビーチや公園で映画鑑賞ができるイベントも開催されていますので、ぜひチェックしてみてください。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。