プール遊び&海水浴で気をつけたい!感染症の種類と予防策について

子育て・ライフスタイル

これからの時期、子どもをプールで遊ばせたり、海水浴へお出かけをする機会が増えてきます。

こうした中で気を付けておきたいのが、数々の感染症です。

まだあまり知られていないような感染症の種類や、予防策をご紹介します。

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2016.07.30

プール遊び&海水浴時に気を付けたい感染症① 咽頭結膜熱(プール熱)

「咽頭結膜熱」は、主に"アデノウイルス"を原因とする感染症のこと。

症状として、高熱やのどの痛み、目の結膜炎が見られます。

咽頭結膜熱による喉の炎症は重いケースが多く、強い痛みがあると言われています。

別名「プール熱」とも呼ばれ、知名度の高い症状の一つです。

プール遊び&海水浴時に気を付けたい感染症② 流行性角結膜炎(はやり目)

“はやり目”と呼ばれることの多い、水遊び時の感染症の症状名は「流行性角結膜炎」。

これは、"アデノウイルス"の感染症で、結膜が充血することが原因で見られる症状です。

目から涙が溢れ出てきたり、目やにが多くなるといった特徴が挙げられます。

プール遊び&海水浴時に気を付けたい感染症③ 水いぼ

子どもがかかりやすい感染症が、「水いぼ」です。

症状は、半円状でポコッとした膨らみができてしまうというもの。

子どもにできやすいと言われている「水いぼ」ですが、特にアトピーの子がなりやすいと言われています。

プール遊び&海水浴時に気を付けたい感染症④ 手足口病

今の時期から9月いっぱいまでの長い期間で注意しておきたいのが、「手足口病」です。

手足口病とは、"コクサッキー"という名のウイルスによって、手のひらや口、足の裏に小さな水泡ができるもの。

長引いてしまうことが多いので、気が付いたら、早い段階で病院を受診することがオススメです。

プール遊び&海水浴時に気を付けたい感染症⑤ ヘルパンギーナ

他にも怖い感染症が、「ヘルパンギーナ」と呼ばれるもの。

これは、“A群コクサッキーウイルス”が主と言われていて、エンテロウイルス属の感染によるものだといわれています。

発熱をキッカケに、咽頭の粘膜が赤く腫れて、口内にたくさんの水疱ができるといった症状が出ます。

プール遊び&海水浴時に気を付けたい感染症⑥ 足白癬(水虫)

通称・水虫と呼ばれている「足白癬」。

これは、真菌である白癬菌の感染症です。

かゆみが出たり、リング状に紅い斑点ができてしまうのが特徴です。

プール遊び&海水浴時に気を付けたい感染症⑦ クリプトスポリジウム感染症

「クリプトスポリジウム感染症」の病名にも使用されている"クリプトスポリジウム"とは、寄生虫のこと。

動物の消化管に寄生するため、私たち人間も気を付けておく必要があります。

土や感染者の便などを介して感染するので、クリプトスポリジウム感染症に掛かってしまった子どもを持つママも、注意が必要です。

ゆるめの下痢や腹痛、そして発熱を引き起こす可能性があります。

プール遊び&海水浴時に気を付けたい感染症⑧ ビブリオ・バルニフィカス感染症

「ビブリオ・バルニフィカス感染症」は、海の中でかかってしまうものなので、海水浴へ訪れる際には要注意!

抵抗力が弱っていたり、糖尿病や肝疾患などの可能性がある人がかかりやすい感染症です。

手足が強く痛んだり、皮膚が腫れ上がるといった症状が主なもの。それだけではなく、高熱を出すことも特徴です。

ビブリオ・バルニフィカス感染症は、発病してしまうと半分以上が死に至ると考えられている、非常に危険な感染症です。

気を付けたい!プール遊び&海水浴での「感染症」を予防するには?

実は、各感染症一つ一つに対する予防策を考えるのは、容易ではありません。ここでは、どの感染症に対しても言える、簡単な対策をご紹介します。

まずは、免疫力が低下していたり、体調が万全でないときはプールや海水浴は控え、水を使わない遊びを子どもに提案してみましょう。

それだけではなく、タオルを共用することでも感染症の危険が高まってしまうケースがあります。くれぐれも注意してください。

プール遊びや海水浴を終えたあとは、シャワーを浴びて体を清潔にし、ゆっくり休みを取るようにしましょう。

夏本番のこれからの季節、プール遊びや海水浴は欠かせませんよね。楽しむだけではなく、常に感染症について忘れずにいましょう!

まずは子ども自身の免疫力を落とさないように、万全に体調を整えて、海やプールに入るようにしたいですね。

水遊び後の急な発熱やのどの痛みなど、「おかしいな」と思う症状が出たときは、かかりつけ医を受診しましょう。

水にまつわる感染症は、親が気付かずに重症化してしまうケースも多々あります。

水遊びをする際には、普段以上に気を配り、こうした感染症を防げるように努めましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。