湿気の多い雨の日に負けない!プロが教える【簡単時短ヘアアレンジ】

美容

肌の露出する部分が増える夏。ボディケアはしていても、子育てをしながらの慌ただしいお風呂タイム。髪のケアまで手が回らない方も多いようです。

濡れてたままの髪は、キューティクルが剥がれ、水分が蒸発しやすい状態。そのまま放置して寝てしまうと、乾燥と摩擦の影響で髪が傷みます。

キューティクルが剥がれている部分から、水分がどんどん浸入していくので、雨の日の髪は膨張し、そこからうねりを起こすのです。

髪全体が均等に保湿されていれば、うねりは起きず、髪が広がりにくくなります。広がり具合に関しては、当然髪質にもよりますが、かなり抑えられるんですよ♪

今回も、毎日忙しいママ達のための時短テクニックをお伝えします。湿気の多い雨の日に負けない【簡単時短ヘアアレンジ】をお試しください。

湿気に負けない美しい髪をキープ!ドライヤーのかけ方のポイント

【ドライヤーのかけ方のポイント】

①タオルドライした濡れた髪に、洗い流さないトリートメント、ヘアオイルを毛先からつける。(頭皮につけると、根本がペタッとなってしまうので注意!)

②高めの温度、短時間で根元からしっかりと、半乾きまで乾かして下さい。その際、同じ場所に長時間熱風をあてないよう、注意が必要です。

③半乾きの状態まで乾いたら、くるくるブラシでブローをしていきましょう。夜にきちんとブローをしておくことで、朝に時短できます。

ショートやボブの方など、きちんと乾かしても朝、寝癖がついてしまった場合には、ミストローションをかけ、ストレートアイロンで根本で伸ばすと、綺麗なストレートになります。

ストレートアイロンで毛先を内側に入れ込むことで、綺麗な内巻きヘアがつくれますよ!

【簡単時短ヘアアレンジ】を実践♪その①

夜や朝が忙しくてブローをする時間のない方や、ロングヘアの方は、クルリンパアレンジでくせをカバーしてしまいましょう♪

①クルリンパ1個バージョンのヘアアレンジ

頭は丸い形をしています。直線ではなく、丸く分け目を取って1本に結び、束を間に入れます。

【簡単時短ヘアアレンジ】を実践♪その②

②クルリンパ2個バージョンのヘアアレンジ

ヘアアレンジの①を作ります。

耳と耳を結ぶ線の量の分け目を取って1本に結び、先ほどと同様に、束を間に入れて完成です。

ゴムの部分を隠すように、バレッタなどのヘアアクセサリーで飾りましょう♪

【簡単時短ヘアアレンジ】を実践♪その③

最後は、華やかで崩れにくい「クルリンパ3個&三つ編みアップスタイルバージョン」のヘアアレンジです。

③クルリンパ3個バージョンのヘアアレンジ

①、②を作る。下りている髪を1本に結び、先ほどと同様に束を間に入れ込む。


④クルリンパ3個&三つ編みアップスタイルバージョンのヘアアレンジ

①、②、③を作り、下りている髪を三つ編みにしてゴムで留めます。毛先を巻きつけて、バレッタやUピンで留めます。

仕上げに、髪の結び目を押さえてバランスを見ながら少しずつつ、ルーズに髪を引き出しましょう♪

人差し指と親指で、髪のトップから全体にかけて引き出します。少し間隔をあけるのがポイント!

そうすることで、ナチュラルなウェーブが生まれ、抜け感がアップします。

お肌のお手入れも大事ですが、ヘアケアもとっても大事!

夜の髪のお手入れをきちんとすることで、朝が大分楽になります。

今流行の簡単クルリンパ。時間がない時こそ、トライしてみてくださいね♪