後悔する前に!ダイエット中の食べ過ぎをリセットする4つの方法

美容

イベントが多く、ついつい食べ過ぎてしまうことが多いこの季節。
ダイエット中なのに食べ過ぎちゃった…、と落ち込む前に、その食べ過ぎをリセットする行動を起こしましょう!

奥島 美帆
奥島 美帆
2021.05.17

ダイエット中の食べ過ぎをリセットする方法①自分を責めない

出典:pazoo.com

ダイエットを気にしていても、美味しい食事を目の前にしたら、思わず食べ過ぎてしまうことは誰にでもあります。

そんな時、自分を責めるのは逆効果。ストレスはダイエットの大敵ですし、後悔していても過去は変わりません。さらには「もういいや」と投げやりになって、ダイエットに対して戦意喪失してしまっては元も子もありませんよね。

食べ過ぎた時は、すぱっと諦めてその事実を認め、それをすぐに立て直すことを考えましょう。

「食べ過ぎはリセットできる。たまには好きに食べることがあってもいい」こう思うことが、ダイエットを継続させるコツです。

ダイエット中の食べ過ぎをリセットする方法②3日間でカロリー調整する

出典:asty-shizuoka.co.jp

たくさん食べた後は体重が重くなるのは事実。特にダイエット中だと、ちょっとした体重の変化に過敏に反応してしまうものですよね。

でも、安心してください。食べ物がすぐさま体脂肪として蓄えられるわけではなく、一時的に体重が増えた分は、ほぼ水分なんです。

私たちが食べ物をとると、そのエネルギーは糖となって肝臓に貯蓄されます。さらに食べすぎが続いて肝臓に貯蓄しきれなくなると、余った糖は血液外に運ばれ、脂肪となって蓄積されるのです。

体脂肪となって蓄積されるまでの時間は、脂質が約12時間、糖質が1日~2日と言われています。つまり、食べ過ぎた日から3日以内にカロリー調整すれば、余分な脂肪がつくことを防げるのです。

食べ過ぎてしまった食材を思い出し、それ以降の2日はその食材を控えめにする、というように、3日間で栄養バランスを調整し、リセットするようにしましょう。

ダイエット中の食べ過ぎをリセットする方法③食事を抜かない

出典:betterdailyhabits.com

食べ過ぎてしまったから一食抜こう、と考える方、多いのではないでしょうか?

その行動は、ダイエットには逆効果!食事を抜くと体が省エネモードになり、食べ過ぎた食事の分が余計に脂肪に変わりやすくなってしまうんです。

体のサイクルを正常に戻すためにも、規則正しく3食とる方がベター。食事を抜くのではなく、1食の量を減らすことで、カロリーを抑えることを考えましょう。

また、「○○抜き」「○○だけ」などといった偏った食事のとり方も、良くありません。炭水化物、タンパク質、脂質、野菜をバランスよくとると、消化でのカロリー消費量も上がると言われています。

ダイエット中の食べ過ぎをリセットする方法④代謝を促す食材をとる

出典:www.lovefood.com

カロリーを調整して、バランスよく、規則正しく食べる。これができたら、さらに代謝を促す食材を取り入れてみると良いでしょう。

野菜を中心とした食事は、ビタミン・ミネラルが代謝を助け、食物繊維が脂肪や老廃物の排出をサポートしてくれます。また、カリウムを多く含む食材をとると、水分の代謝も促進されます。食べ過ぎた時のリセットにも一役買ってくれますよ。

また、ダイエット中に忘れてはいけないのは「水分」をたっぷりとること。

私たちの体の約60%は水でできており、水分がなければ代謝は進みません。どんな食事であっても、水分だけは意識してしっかりとっておきましょうね。

いかがでしたか?
食べ過ぎても立て直せる方法を知っておくと、ダイエット中でもメリハリのある食事を楽しめますね。ストレスを溜めすぎないダイエットで、美ボディをキープしちゃいましょう♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。