あなたの眉はこれで決まる!顔の形別、メイクのポイントとは?

美容

顔の印象を大きく左右する、眉の形。
トレンドの眉メイクを追いかけ過ぎて、いつの間にか自分に似合わない眉になってしまっていませんか?
自分の顔の形に合った、基本の眉メイクを覚えておきましょう!

顔の形別眉メイクのポイント①眉の理想形

眉の形には流行り廃りがありますが、美しく見える基本的な形があります。これは、どんな顔の形の人でも基本的に同じです。

鏡に真正面に向かい、以下のポイントをチェックしてみて下さい。

・眉頭・・・小鼻の端の真上か、それより内側に
・眉尻・・・小鼻と目尻を結んだラインの延長上に
・眉山・・・黒目の外側の真上~眉全体の3分の2の位置内に

まずは自分の顔を見ながら、このポイントに沿って理想の眉を描いてみましょう。
トレンドの眉の形にする時には、理想形から少しだけ足し引きをするイメージで描くと、違和感のない形を作りやすいです。

現在流行りの太め平行眉でも、メイクで押さえるポイントは変わりません。

顔の形別眉メイクのポイント②丸顔

出典:www.imakeuptips.net

丸顔の方は、緩やかなアーチ眉メイクをしてしまうと、顔の丸さを余計に目立たせてしまいます。

丸顔をカバーしてフェイスラインをすっきりと見せるには、眉山を目尻側に少し高くとった、シャープな眉にすると良いです。

全体としては「薄め、長め、太め」をイメージして、眉を描きましょう。加えて、眉頭から眉尻の方へ少しずつ濃く描くと、立体感が出て引き締まった印象になります。

さらに眉尻を少し長めに意識すると、顔がほっそりとして見えます。

顔の形別眉メイクのポイント③面長

出典:www.garden-hair.jp

面長の方は、顔の縦幅が長く、老けて見えがちですので、横幅を強調するような平行眉メイクがおすすめです。ちょうど、トレンド眉でもありますね。

眉山は上げすぎず目尻寄りに、眉尻もほぼ落とさず、ストレートに描くのがポイント。眉尻が下がっていると側面が強調され、さらに面長に見えてしまいます。

まっすぐなラインを描くと、顔の長さが眉毛で切られるので、顔全体の面積が小さく見えます。また、眉の下の太さを補うように描くことで、面長に見えにくくなります。

顔の形別眉メイクのポイント④ベース型

エラが張ったベース型の方は、角ばったラインをカモフラージュするために、やわらかなアーチ型の眉メイクが良いでしょう。

弓なりになりすぎると、顔の輪郭を強調してしまうので、眉山にはあまり角度をつけず、ゆるやかに下がるような眉がおすすめです。

ふんわりカーブの下がり眉は、優しいイメージを作ってくれます。少し太めに内側に寄せるように描くと、小顔効果もありますよ。

頬の広さをカバーしたい場合には、眉尻を少し長めに描くと良いです。

雑誌のモデルさんの眉を真似してみても、しっくりこない時があるのは、顔の形と合っていないことが考えられます。
まずは、自分の顔の形に合った美眉を見つけることが先決。それさえ知っておけば、トレンド眉へのアレンジも楽になりますよ♪