野菜嫌いを楽しく克服!フルーツブーケ&ベジブーケの作り方♡

Gourmet / Recipe

フルーツ&ベジブーケ、一体どのようなものかご存知ですか?
その名の通り、フルーツや野菜で作ったブーケのことを言います。
特徴はどんなに苦いお野菜も、可愛く親しみやすいフォルムでついつい口に運んでみたくなること。
野菜が苦手なお子様にも、ホームパーティーの華やかな演出にも、ブーケに見立てたフルーツや野菜はその場を明るく楽しい気持ちにしてくれます!

― 広告 ―
西岡麻央
西岡麻央
2015.10.10

フルーツブーケ&ベジブーケの作り方① フルーツブーケの作り方☆

作り方はとっても簡単!
お好みのフルーツや野菜をお持ちの型で抜いたり、丸くくり抜いたりしておきます。くり抜いたフルーツや野菜を1つ1つ竹串にさします。

土台作りはアイディア次第。
パイナップルの身の部分を皮付きのまま使ったり、キャベツをオアシスに見立てたり、身近なフルーツや野菜を柔軟に使用してください。

作った竹串を、土台にどんどんさして、お好みの形に仕上げたらできあがり!簡単なのに、華やかでインパクト大のフルーツ&ベジブーケ、次項からは具体的に野菜の苦手克服法やフルーツカットの可愛いアレンジ法をご紹介致します。

フルーツブーケ&ベジブーケの作り方② 苦手なニンジンもお花に見えれば食べられる!

苦手なお子様も多いニンジン。そんなニンジンも、アレンジすれば可愛く仕上がります。

1.ニンジンを、0.5センチ程度の厚さになるよう輪切りにし、お花など、可愛い型で抜く。
2.小鍋で1のニンジンを茹でる。
バターやレモン汁を少し加えて食べやすくしても◎
3.茹でたニンジンを、キャンディーの棒などにさしたらできあがり!

沢山作ってひとつにまとめれば、まるでブーケのような存在感。ペロペロキャンディーを舐める感覚で、お野菜キャンディーを食べてくれるかもしれません!

フルーツブーケ&ベジブーケの作り方③ イチゴは可愛くアレンジしてブーケの主役に♡

◆ハートイチゴの作り方♡
1.イチゴはへたを取り、縦半分にカットする。へたが付いていた側に、三角形の切り込みを入れる。
2.角を取るなど、お好みの形に整えたらできあがり!

◆バライチゴの作り方♡
1.イチゴはへたを取り、へたがあった側に竹串などをさして固定させる。
2.イチゴの根元から先端へ、ランダムに切り込みを入れていく。
3.全体に切れ目が入ったら、イチゴを少し広げていき、バラのような形に整えてできあがり!

切れ目の深さや場所が綺麗なバラを作るポイントになります☆お野菜で作ったブーケのワンポイントに、豪華なバラのイチゴをさしても可愛いですね♡

フルーツブーケ&ベジブーケの作り方④ フルーツで作るクリスマスツリー

この冬、お子様と一緒に作ってみたいフルーツでできたクリスマスツリー☆
イチゴやリンゴやメロンなど、お好きなフルーツを一口大にカットして、竹串をさしておきます。(多ければ多いほど、ゴージャスなツリーが完成します。)

次に土台作りです。
底を安定させたリンゴと竹串をさした人参を丸ごと一本を合わせ、土台を作ります。
そこへ、作っておいたフルーツ付きの竹串をどんどんさして、少しずつツリーの形に整えて行きます。

最後に星型にくり抜いたフルーツをトップにさしたり、粉糖を振りかければ、完成です☆
アレルギーなどの関係でケーキが食べられないお子様でも、大満足の特別なフルーツツリーが出来上がりますよ♪

いかがでしたか?フルーツツリーは、特にクリスマスシーズン作ってみたくなりますよね♡
フランボワーズなど、日頃自宅でなかなか食べないフルーツを織り交ぜることで、ますます特別なツリーが完成します。
お子様と召し上がる場合には、先の尖った竹串などは危険なので、違うもので代用するなど、気をつけながら楽しんでくださいね☆

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

― 広告 ―