メリハリボディが遠のく?「寸胴体型」を作ってしまうNG習慣とは

頑張ってダイエットをして痩せたのに、なぜだかウエストのくびれがない……という悩みを持つ女性はいませんか?

いくら細くても、メリハリのない体は魅力的とは言えませんね。

寸胴体型は、毎日のNG習慣が作ってしまっているのかも知れません。

メリハリボディが遠のく!寸胴体型を作るNG習慣① 猫背になっている

猫背は、寸胴体型を作る最も悪い姿勢です。猫背になるだけでも、お腹がだらんと出るのがわかると思います。

猫背は、体幹を支えるお腹や背中の筋肉に力の入っていない状態で、これをずっと続けていると、筋肉が衰えてきます。

筋肉が衰えると代謝も悪くなりますので、脂肪が付きやすくなり、ウエスト周りがふっくらとしてしまうのです。

さらに、猫背になると肋骨が下がり、内臓が下に押されるような形になるので、下腹がぽっこりと出てしまいます。

その上、骨盤が後ろに傾くためにお尻も扁平になり、キュッと上がったヒップからは程遠い形に……。バストも下向きになって、垂れやすくなります。

メリハリボディが遠のく!寸胴体型を作るNG習慣② 座る時に脚を開く・組む

猫背以外に、座っている時の姿勢も寸胴体型に影響を及ぼします。

まず、座っている時につい脚が開いてしまう方は要注意。

骨盤の筋肉が緩んだ状態のままになり、骨盤も開いてしまうので、ウエスト周りが大きくなってしまいます。

できるだけ太ももの内側の筋肉を使うように、脚はしっかり閉じておきましょう。

また、同じ側でばかり脚を組むクセがある方も気を付けて下さい。

脚を組む姿勢も、太ももの内側の筋肉を使わないので、脚を開くのと同様に骨盤が開きやすくなるだけでなく、骨盤のゆがみも起こしてしまいます。

骨盤がゆがむと、血液やリンパの流れが悪くなり、脂肪がつきやすくなってしまいます。

メリハリボディが遠のく!寸胴体型を作るNG習慣③ 体型を隠す服ばかり着る

寸胴が気になると、それをカバーしようと、緩めのシルエットの服を選んでしまいがちです。

しかし、体のラインが出ない服を着ていると、お腹に力を入れていなくてもいい状態になるため、さらに筋肉は衰えていきます。

体型カバーのための服が、余計に体型を悪くしている、ということです。

体を締め付けない服は快適ではありますが、もし寸胴体型を脱したいと思うなら、ウエストを強調した服を着るようにしましょう。

メリハリボディが遠のく!寸胴体型を作るNG習慣④ 不規則な食生活をしている

①〜③のNG習慣のように、主に体幹の筋力が衰えることで寸胴体型が生まれてしまうのですが、さらにそれを加速させるのが不規則な食事です。

いつでも構わずに食べていると、休む暇がなく負担がかかって、内臓の筋肉が疲労してしまいます。

内臓を支える筋肉が働かなくなると、内臓下垂が起こり、お腹がぽっこりと出たり、内臓に押されて骨盤が広くなってしまったりします。

特に、夜寝る前に食事をしてしまうと、本来は休んでいるはずの時間帯に消化吸収をすることになり、胃腸の負担は大!

消化に時間がかかる肉や脂が多い食事をする場合は、気を付けましょう。
寸胴体型を作るNG習慣をみると、結局はだらけた生活が良くない、ということになります。

でも逆に言えば、緩んでいた生活を引き締めるだけで、メリハリボディが手に入るかも!

美しいくびれを目指して、毎日の生活習慣を見直してみて下さいね。

メリハリボディ 寸胴体型 NG習慣 メリハリボディ 寸胴体型

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

奥島 美帆

『美は、心・技・体。』を掲げる美容研究家。

早稲田大学大学院卒。
運動生理学・…

>もっとみる