「うちの子のことかも…?」中学生のスマホ依存を解消する方法4つ

最近、耳にする機会が多い、中学生の「スマホ依存」。

実際に、「うちの子のことかも」とお悩みのママも多いのでは?

友達とのLINEにはじまり、続いてSNSと、帰宅すると部屋にこもってスマホばかり……。そんな毎日を送っているのを見ると、心配になりますよね。

中学生のスマホ依存を解消するには、どうしたら良いのでしょうか。

親としてできる方法を考えていきましょう♪

中学生のスマホ依存を解消する方法①
スマホを使う目的を子どもと話し合う

中学生のスマホ依存を解消するには、まずは親子で話し合いをしっかりとすることが大切です。

親がどのような目的でスマホを利用しているのか、何に気をつけているのかなどを子どもに伝えます。

その上で、子どもの目的も紙に書き出してもらいましょう。

曖昧で、書くことができなかったとしたら、必要がないということかもしれません。

まずは、スマホの必要性や使用目的について親子で話すことが、スマホ依存を軽減させることにつながるはずです。

中学生のスマホ依存を解消する方法②
一方的に叱りつけるのはNG

中学生にもなると、思春期に入り、自立心の芽生えから親へ反抗したくなる気持ちも大きくなるもの。

そんな時に、「スマホばかり触りすぎ!」と激怒してしまうと、子どもはどんどん自分の気持ちを親に伝えづらくなってしまいます。

子どもを追い詰めると、却ってスマホの世界にのめり込み、スマホ依存になる可能性が高くなることも……。

腹が立っても、なるべくこらえて、一言の注意に止めておきましょう♪

中学生のスマホ依存を解消する方法③
少しだけルールを作る

中学生のスマホ依存を解消するには、少しだけルールを決めるのが効果的です。

・毎日の使用時間を決める

・フィルタリングする

・アプリは親の許可を得てから使う

など、親子で納得できるルール作りを考えていきましょう♪

中学生のスマホ依存を解消する方法④
なるべく外に連れ出す

中学生のスマホ依存を解消したいのなら、部屋にこもってばかりの子どもを外に連れ出すということも、ひとつの方法です。

思春期真っ最中は、親以外の大人との関わりも新鮮なもの。

ボランティア活動などで、先生や親以外に尊敬できる大人に出会うのも良いことです。

目標とする大人に出会い、気持ちの矛先がスマホ以外に向けられると、依存の解消につながりますよ♪
思春期とも重なり、中学生のスマホ依存対策はなかなか一筋縄ではいかないもの。

でも、きっかけをサポートしてあげることで、スマホ依存を解消することは可能です!

親子でスマホ依存について話し合うことから、スタートしてみませんか?

中学生 スマホ依存 解消する方法

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

渡辺みちる

好奇心旺盛なライターです!

ママ目線のアンテナを活かして情報をお伝えしていきます♪

>もっとみる