大人も子どもも大満足♡栄養バランス抜群「ワンプレートご飯」の魅力

グルメ・レシピ

食事スタイルは、各ご家庭で様々。
大皿料理を囲み、個人個人で小皿に盛り付けて食べるスタイルや、一人一人の分量を分けて並べ自分の前にあるメニューを頂くスタイルなど色々あることと思います。

どの食べ方でも、家族みんなが美味しく、栄養バランスの整ったお食事が食べられるのならそれで良いと思います。
しかし、小さなお子様がいると好き嫌いが出てきたり、パパの帰宅前にご飯を食べてしまうことも多くなりますよね。そんな時にオススメなのがワンプレートメニュー♡
今回はワンプレートメニューの魅力をご紹介♡

牧村麻美
牧村麻美
2015.07.31

ワンプレートご飯の魅力① 栄養バランスが整う♡

大皿料理を並べて、個人個人で取り分けて食べていると全体的な食材のバランスや食事量を把握することが難しくなります。好きなメニューや食材だけを選んで食べてしまい、好き嫌いを克服する機会も減ってしまいます。

ある程度大きくなってからでしたら問題ありませんが、食事というものはどのようなバランスや配分で食べるものかを学ぶ為にも、小さな頃はワンプレートで出してあげるのがオススメなんです(^^)

ワンプレートで出す事により、余白部分に彩りのある野菜を添える事も多くなります。ワンプレートは食べやすく見た目も綺麗なご飯になる上、野菜も多めに食べてもらえる。ワンプレートご飯ならではの魅力ですよね。

ワンプレートご飯の魅力② 栄養バランス以外にも♡

出典:cookpad.com

ワンプレートに盛り付ける事で、洗い物の数がぐっと減ります。これはママにとっては嬉しいポイントですよね♡

また、遅く帰ってきたパパなどにご飯を出す際も、ワンプレートだと食べ残し感は無く綺麗な状態でご飯を出す事が出来ます。おかずなどは多めに作り、タッパーへ入れて保存しておけば、そこからワンプレートに盛り合わせるだけ。みんなのお箸が入る事は無いので衛生的でもあります。

また、ダイエットにもワンプレートメニューがオススメ。全体量を把握してバランス良くご飯を食べる事が出来、ダラダラ食べや食べ過ぎを防いでくれるんです。

ワンプレートご飯の魅力③ 基本の献立パターン♡

ワンプレートご飯の献立は、『主食、主菜、副菜、汁物』を基本に、季節感のある素材をプラス。ワンプレート全体の彩りや味付け、食感の違いを整えればOK。
和食、中華、洋食などがごちゃ混ぜにならないようにすると、ご飯のメニューが考えやすくなります。

献立的には、いつも通りの献立の立て方と同じですが、そのメニューを一皿の上で完結させるように置いてあげるところがワンプレートご飯の特徴。大皿で何種類かのメニューを作るよりも全体が把握しやすいので、足りない色味や食材が目で見てすぐわかるんです。ご飯のメニューもまとまりやすくなりますよ♡

最後にゴマやパセリなどを飾る事で、見た目も良くなり食欲もアップするだけでは無く、栄養価もアップします(^^)

ワンプレートご飯の魅力④ 盛り付け方を工夫♡

ワンプレートご飯をオシャレで綺麗な見た目にする為には、彩りと同じ位盛り付け方が重要!盛り付け方を整えると、ご飯の食べやすさもアップします(^^)

ポイントは、盛り過ぎない事。ワンプレートにモリモリと盛り付けてしまうのでは、食べ放題状態ですか?と突っ込みたくなる見た目になります。
食材同士がくっ付いてしまえば、ご飯の味が混ざってしまいせっかくのお料理だって台無しです。

また、ワンプレートに平たく置くのでは無く高さを出すのもオススメ。お肉を重ねて置いたり、ご飯をこんもりと盛ってみたり。高さのあるカップに副菜などのお野菜を入れるのもオススメ♡彩りが足りない時には、色味のあるカップを使えば食卓も華やかになりますよ♡

いかがでしたか?
ワンプレートはママも作りやすく片付けやすい。パパも綺麗な盛り付けで、気持ち良くご飯が食べられる。
子どもは栄養バランスの整った食事を学べ、食欲もアップ♡家族みんなが嬉しいワンプレートご飯♡
ご家庭でも取り入れてみてはいかがでしょう?

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。