スッキリ!『キッチンの引き出し収納』Before&After

子育て・ライフスタイル

キッチンが乱れていると気分も上がらず、手の込んだ料理を作りたい!とは思えませんよね……。

料理を気持ちよく行うためには、何がどこにあるのか、すぐに分かって取り出せる方が良いのです。

そこで今回は、お片づけコンサルで伺ったお宅のキッチンの引き出し収納が生まれ変わった様子を、Before&Afterでご紹介いたします。(掲載快諾済み)

[Before] お箸やカトラリーの引き出し

引き出し内で、お箸やスプーンがあちこちに点在している状態です。アイテム毎のモノの量も、全部出してみなければ分からない状態でした。

「子どもたちにお箸などの準備をお願いしたいけれど、難しくって……。」とのお悩みを抱えていらっしゃいました。

[After] お箸やカラトリーは仕切って一面収納!

100円ショップの「システムボックス」を使って、アイテム毎に分けて収納しました!

収納のポイントは、手前によく使うモノ(フォークやスプーンなど)を、奥側にはあまり使わないモノ(レンゲなど)を配置することです。

仕切ることによって、引き出しの中が一目瞭然!お子さまたちも、お手伝いしやすくなりました。

お箸を使うときには、一番左側のお箸ケースごと食卓まで持っていきます。お箸と一緒にスプーンなどを使う場合でも、一緒に入れて運べますよ♪

[Before] お弁当グッズの引き出し

こちらは、お弁当グッズの収納スペースです。

空き箱などを使って上手に仕分けされていたのですが、ひとつずつアイテムと向き合ってみると、実際には使っていないものや、年に数回しか使わないものがたくさん紛れていました。

[After] 毎日使うアイテムだけをゆったり収納

お子さんが通っている幼稚園は毎日お弁当が必要、とのことでしたので、年に数回しか使用しないお弁当箱などを吊戸棚の方へ移動させて、スペースを確保しました。

毎朝、快適にお弁当作りができるように、よく使うものをゆったりと収納することにしました。

[Before] お鍋・フライパンの引き出し

コンロ下の引き出しとシンク下の引き出しに収納されていた、フライパンやお鍋の数々。

指定席は特に決まっておらず、空いてるスペースになんとなく収められている状態でした。

[After] コンロ下の引き出しに立てて収納

「ニトリ」のフライパンスタンドを使って、取り出しやすいように立てて収納しました。

引き出しの手前には突っ張り棒を設置して、フタを収納しました。

[Before] 食品の引き出し

こちらは、食料品をストックされている引き出しです。引き出しいっぱいに食料品が入っていました。

アイテム毎のストック量が把握できず、実際はストックがあるのに買い足してしまうことがよくある、とのことでした。

よく見ると、なぜかシャボン玉の液体なども紛れて収納されていました。(笑)

[After] 100均のカゴでストック管理!

100均のカゴを使って、引き出し全体に仕切りを作りました。

アイテム毎に分けて収納できるので、ストック量もすぐに把握でき、二重買いが防げるようになりました。

4つの引き出しのBefore&Afterをご覧いただきましたが、いかがでしたでしょうか?

ぜひ皆さまも、キッチンに立つのがより楽しくなるように、使いやすさを考えて収納を見直してみてはいかがでしょうか?

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。