結婚式を挙げる予定のプレ花嫁さんへ♡挙式までに準備すべきこととは

子育て・ライフスタイル

結婚式をこれから挙げたい!と思っているプレ花嫁さんへ。
私の体験ももとに、挙式までの準備と段取りを順番にご紹介いたします。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

結婚式を挙げたい♡挙式の準備と段取り①ドレス選び

出典:www.viale-osaka.com

挙式の約3か月前になると、担当のウェディングプランナーさんが決定し、プランナーさんとの挙式準備の打ち合わせが始まります。ここからプランナーさんとの打ち合わせは少なくても3回あり、その間に決めなくてはいけないことがたくさんあります!

でも、大丈夫です。プランナーさんに言われる順番通りにしっかり準備していけば、立派に結婚式を挙げることができますよ!

最初の打ち合わせでは挙式スタイル、プランの確認などが行われ、次の打ち合わせまでにするべきことをプランナーさんが教えてくれます。

まず大切なのは、新婦のドレスと新郎のタキシードを選ぶこと!衣装が決まらないことには、その後のプランニングが前に進みません。早めに動いて、お気に入りの一着を選びましょう♡

結婚式を挙げたい♡挙式準備②ドレスと並行して、招待状作成

ドレス選びと並行して最初に行わなくてはいけないのが、ゲストへの招待状の作成です。招待するゲストが決まっていないと、結婚式の打ち合わせが進みません。

挙式のイメージを膨らませて、どれくらいの人数を呼ぶのかしっかり決めてから、招待状を作成していきます。この時に疎遠になっていた親戚などにも連絡をとり、招待状を送るより前に住所の確認と同時に、結婚の報告をするのがスマートです。

招待状はペーパーアイテムの一つで、式場が準備しているものの中から選ぶパターンと、自分たちで作成するパターンがあるので覚えておきましょう。

式場にお任せする場合は、名簿を作って校正作業を自分たちでし、郵送もします。宛名などの印刷は式場がしてくれるので、とっても楽にできますよ。

結婚式を挙げたい♡挙式準備③披露宴でのあれこれ

プランナーさんとの2回目の打ち合わせでの宿題は、披露宴で使うものをいろいろと決めてきてくださいね、というものになります。

具体的には装花、ブーケ、ブートニア、音楽、ムービーや写真などです。やることがたくさんありますが、一個一個、進めていけば大丈夫です!

テーブル装花はブーケ、ブートニアの作成とセットで打ち合わせすることが多いです。ホテルの提携しているお店に行くとスムーズですが、予算の関係で提携店を使わない場合には、持ち込み料がかかることもあるので注意してください。

音楽は入場、乾杯…と披露宴のシーンごとに決めていきます。現在では、ネット上で自分たちで入力するのが一般的なようです。ムービー、写真についても同じところで打ち合わせをできることがほとんどです。

挙式当日の写真やムービーをどこまでお願いするのか、予算とも相談しながら決めましょう。

結婚式を挙げたい♡挙式準備④引き出物

出典:www.lemail.jp

引き出物の受付も、実はこの時期です。挙式の一週間前までは、数や内容の変更が可能になっている場合があるので、安心して選んでください。

ただし提携している店舗で選ぶときは式場まで当日運んでくれますし、指定した通りに袋にいれてくれますが、自分たちで持ち込みにする場合には持ち込み料がかかったり、袋に入れてセッティングするのも自分たちでしなくてはなりません。

引き出物はゲストのみなさんに喜んでいただきたい、という気持ちから、こだわりたいプレ花嫁さんがほとんどだと思いますので、ここでは慎重に吟味しましょう。

また、お渡しするゲストの年齢や続柄によってお渡しする引き出物の金額は違います!これはいただくご祝儀の値段が異なるからです。ご祝儀の金額に合わせて、失礼のない額になるようにギフトを選びましょう。

いかがでしたか?挙式の準備には一連の流れがあります。こだわりたい部分は早めに準備するのが正解です。
それ以外のよく分からない部分は、プランナーさんの指示に従って進めていけばOKです。素敵な結婚式のために、がんばりましょう!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。