【1日集中】究極のトイトレ!〜実践編:トイレトレーニング〜

お子さんとお人形を使ったトイレトレーニングを楽しみ、お子さんに一連の流れを覚えてもらったら、今度はお子さんの出番です!

お子さんのトイレトレーニングは、お人形を使ったトイレトレーニングのパンツが乾いているかの確認から移行していきます。

それでは、さっそくお子さんのトイレトレーニングの手順について、お伝えいたしますね。

↓開始の目安については、こちら

【1日集中】究極のトイレトレーニング!〜開始の目安と準備編〜


パンツが乾いていたら〈ごほうび〉を!

トレーニング中は、できるだけおしっこをする回数を増やし、練習の回数を増やすため、水分をいつもより多めに摂らせたいので、パンツの確認をして乾いていたら、ごほうびとして〈飲み物〉を与えましょう。

その際、子どものやる気を引き出すために

「パンツ、サラサラだね!すごいね。」
「やったね!おまるに座れたね。」

など、必ず何かを褒めてあげましょう。

飲み物は、子どもが気に入っているものを飽きないように数種類、揃えておくことをオススメします。

促してトイレに連れていき、出るまで座らせる!

人形の実演が終了したら、「今度は○○ちゃんがトイレ行こうね」と、15分間隔で促してトイレに連れて行きます。

最初の数回は、できたら10分間くらい座らせ、一度でもおしっこができたら、座らせておく時間を短くしていきます。

ただし、子どもが座るのを嫌がったり、動き回るようならば、あまり無理強いはせず、1~2分で切りあげても構いません。

その際、たった数秒でも座れたら、そのことを必ず褒めてあげてくださいね。

トイレでスムーズに用を足せるようになったら、トイレに促す間隔を少しずつ延ばしていってください。

また、落ち着きなくソワソワしたり、急に顔が強張るなど、尿意を感じているサインが見られたら、時間にこだわらずにすぐにトイレに促しましょう。

おしっこが出たら〈ごほうび〉をあげる!

子どもがトイレに座り、おしっこをし始めたら、すぐに褒めましょう。

おしっこが出たらまた褒め、ごほうびのお菓子と飲み物をあげてください。そしてパンツを履き、おまるのボウルをトイレに運ばせ、おしっこを捨てて流させます。

その後、パンツが乾いているのかのチェックを5分おきにさせ、乾いていたらごほうびを与えましょう。

※はじめの「パンツが乾いていたら〈ごほうび〉を!」に戻り、トイレトレーニングの手順を数回繰り返し行います。

トレーニング中におもらしをしてしまったら……?

トレーニング中におもらしをしてしまったら、子どもに「おしっこはパンツの中ではなく、
トイレでするもの」という意識を持たせるため、お人形のトイレトレーニングと同じような
(以下のような)対応をしましょう。

1.不快の念をあらわす

2.用便の手順を再確認する

3.パンツが濡れていることを自覚させる

4.自分で乾いたパンツに履き替えさせる

5.片づけをさせる

トイレトレーニング中のパンツと環境

手先のあまり器用でない子どもにとって、パンツの上げ下ろしは難しいので、お子さんのジャストサイズよりも少し大き目のパンツを用意するのがオススメです。

また、パンツの前後をそれぞれの手でつかませるように上げ下ろしするのがコツです。

トイレトレーニング中は、寒い時期でもできるだけパンツ1枚で過ごせるよう、お部屋は常に暖かくしておきましょう。

おもらしが心配なようなら、お部屋に敷いているラグなどは片づけておきましょう。
お人形を使ったトイレトレーニングで一連の流れを学んでからのトイレトレーニングですので、イメージトレーニングはバッチリ♪

ゆったりとした気持ちでチャレンジすれば、大丈夫です!お子さんを信じ、見守りながら行ってくださいね。

次回は、せっかくスタートさせたトイレトレーニングを停滞、後退させないために、「要注意!トイトレ中に言ってはいけない6つのNGワード」をお伝えいたします。

トイトレ 手順 スムーズ おもらし トイレ 褒める おしっこ 練習 おむつはずし トイレトレーニング 方法 実践

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

珠里 友子(たまりゆうこ)/社)日本コミュニケーション育児協会(JCCRA)理事

珠里友子(たまりゆうこ)

【肩書き】
(社)日本コミュニケーション育児協会(JCCRA…

>もっとみる